最近、ICANN(Internet Corporation For Assigned Names and Numbers)の理事に選出されました。正式な就任は、12月のケープタウンでのミーティング後から3年間のタームになります。(JPNIC/ICANN)

この2年くらいの間、いろいろな人からICANNのプロセスにもっと参加するように言われたり、逆に絶対にやめたほうが良いとも言われたりして、随分悩みました。確かにICANNにはいくつかの問題点や悪いイメージもあります。僕自身も今まで何度か批判もしました。しかし、僕はICANNは今変わろうとしていると思っていますし、Internetの未来にはICANNが正しい方向に変わる事が必要だと思い、この依頼を受けることにしました。

実際、これまでに随分ICANNのスッタフや理事達と電話で話をしましたが、皆さん本当にICANNを建設的に変えて行くために、多様性、透明性を持たせるために、力を集中しようとしています。

ICANNは主にインターネットのIPアドレスと「.jp」などのトップレベルドメイン(TLD)の管理をする組織ですが、今、アメリカ政府や国連などに沢山の課題を突きつけられていて、2005年11月16日のWorld Summit on the Information Society (WSIS)までにその課題をクりア出来なければ多分そこでICANNは終わりだろうと言われています。もし、ICANNが解散されてしまうと、多分国連が仕切っているITUあたりが、ICANNに代わってIPアドレスとTLDの管理をすることになると思います。ITUも有用な組織ではありますが、僕は電話会社的なITUよりもインターネット的なICANNの方がこういった部分を管理するにはより適切な組織だと思います。

しかし、僕もまだまだ勉強不足なので、12月までICANN周辺の事を学ぶ必要があります。当然ITUの立場や、インターネットコミュニティーの意見も聞きます。

今一番の問題は僕の拙い日本語力です。最近は、80%の時間海外にいることもあって、ほとんど英語でしか読み書きしていませんが、一部日本を代表する立場になる場合もあるかも知れないので、日本語も書くように努力します。

自分のICANN用のReading ListをWikiに作りましたので、皆さんが読んだほうがよいと思うものがあれば、教えていただければ有り難いです。

Leave a comment

2 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: なぜ ICANN?.

TrackBack URL for this entry: https://joi.ito.com/mt/mt-tb.cgi/2929

先日 ICANN 理事会メンバーへの就任が発表された伊藤穣一氏によるステートメント「なぜ ICANN?」の以下の部分を読んで正直驚いた。 >> ICANNは主にインターネットのIPアドレスと「.j ... Read More

もう一つお薦めのブログです。  伊藤穣一 Joi Ito's Web   日本語ページ http://joi.ito.com/jp/   英語ページ http://joi.ito.com/ 伊藤氏は、恐らく「日本で一番ブログの本質を理解され Read More

Whiplash by Joi Ito and Jeff Howe
Freesouls by Joi Ito

Recent Comments

Category Archives

月別 Archives