クリエイティブ・コモンズでは2008年度の資金調達キャンペーンを正式に開始した。時節柄、資金集めは今とても大変で、多くの人は自分の経済状態が心配だろうと思うけど、そのような状況だからこそ、今まで以上に皆さんの支援が必要だ。

クリエイティブ・コモンズは今、定着という観点からとても大事な時期にさしかかっており、バラバラだったパズルの各ピースが集まってひとつの絵を作ろうとしているかのように僕は感じている。我々は科学、教育そして文化において、利害が衝突しない形での共有を可能にする相互運用性の、法的および技術的な側面で、大幅な進歩を果たしてきている。あらゆる分野で大きな影響を与えると思われ、その影響は万人におよぶだろうと僕は考えている。

今年のキャンペーンには趣向を凝らしたひねりがある。ご存じかもしれないが、我々は著作権レジストリというアイデアを模索しつつある。そのようなレジストリの鍵となる要素の一つがユーザー認証だ。我々は、誰かがクリエイティブ・コモンズに寄付をするときに、基本的な認証がされていることに気づいた。またクリエイティブ・コモンズが信頼されるひとつのブランドになっていることもわかったので、このキャンペーン中に寄付をしてくれた方々全員に、クリエイティブ・コモンズのOpenIDを配布するというアイデアを試すことにした。この企画が具体的にどのように発展していくのかはまだはっきりとはわからないけれど、皆さんがどのように感じるか、この方法で何ができそうかについてフィードバックをいただければ幸いだ。詳しくは本日後ほど、ブログに書くけれど、OpenIDに加えて、ライセンス関係でちょっとしたものも企画してある。寄付をすればOpenIDをお試しいただける。 ;-)

我々はこれ以外にもビデオプロジェクトを発足させ、皆さんがどのようにクリエイティブ・コモンズを利用し、どのような理由でクリエイティブ・コモンズを支持しているかを説明した90秒間の動画を募集することにした。これもとても面白いと思うので、是非参加していただき、また、いい話をしてくれそうな知人の方々の耳にも入れていただきたい。前の投稿でも書いたけどJesse Dylan氏がクリエイティブ・コモンズに関する素晴らしいショートビデオを作ってくれた。これが皆さんの刺激になればと思う。なお、この動画は、皆さんがストーリーを作る際、自由に転用、リミックスしていただけるということをお忘れなく。

年末までに50万ドルの資金を調達する必要がある。企業の方々で、マッチングギフト・プログラムを試したいとお考えなら、それもいいと思う。是非ともお力添えいただければありがたい。

詳細な情報は、クリエイティブ・コモンズ・ネットワークJesse Dylan氏のビデオに関するプレスリリースを見てほしい。

11 Comments

資金調達はどこも大変でしょうね。
やはり、世界恐慌は近くまできてるのでしょうか・・・・

このような経済状態の中資金を集めるのは大変だと思いますががんばってください。

この連休で株価はどうなるか…不安です。

OpenIDの配布は、大変すばらしいアイディアだと思います。基本的な認証がなされたIDをお互い持つことで、信頼関係を築きやすくなり、共同創作活動を進めやすくなると思います。たとえば、「あのひと検索スパイシー(http://spysee.jp/)」のようなツールを使って、その人の創作したもののリストや、他の創作家とのつながりなどをわかりやすい形で見ることができれば、アイディアが生まれたときにベストなメンバーで集って、創作活動を進めることができると思います。

何処の企業も今は大変ですね
自分の経済も大変ですが。

大企業も赤字続出ですね。
今年はどこも経営低迷ですね。

たしかにいまのネット上でクリエイティブ・コモンズに対する信頼性は相当高いと思うのでOPENIDの配布は大変良いアイデアだと思います。
今回のキャンペーンをきっかけにユーザー認証をキーにした資金の流れがシステム化できればもっと発展できるんじゃないかなって思います。

初めまして。

今日はどんなことが書いてあるのか、
ブログの更新をいつも楽しみにしています。

お仕事頑張って下さいね!

今回のキャンペーン成功を祈ってます

年末までもう少しですね。
頑張ってください!

Leave a comment