システム化された教育制度とは、わたしは昔から相性がよくなかった。幼稚園は脱走の回数が多すぎるという理由で放り出されたし、大学は学士課程で2回、博士課程で1回、中退している。オリエンテーションプログラムにもうまくついていけなかった。

実際に診断を受けたわけではないが、わたしは自分が何らかの意味で「ニューロエイティピカル(非定型発達)」ではないかと思うようになった。

「ニューロティピカル(定型発達)」という言葉は、自閉症コミュニティにおいて、社会で「健常」であることを指すために使われる。米疾病管理予防センター(CDC)のデータによると、現代では児童59人に1人が自閉症スペクトラムと診断されている。つまり、非定型発達だ。

男児に限ると34人に1人が自閉症スペクトラムで、これは全体の3パーセントに相当する。ADHD(注意欠陥・多動性障害)やディスレクシア(識字障害)も含めると、ほぼ4人に1人は定型発達ではないという計算になる。

スティーヴ・シルバーマンは著書『自閉症の世界』で、非定型発達症候群の歴史をまとめている。自閉症は1930〜40年代に、オーストリアの小児科医ハンス・アスペルガーと米国の児童精神科医レオ・カナーによって研究が進んだ。

ナチス占領下のウィーンで働いていたアスペルガーは、社会的な能力に欠如の見られる児童を多く観察し、記録に残している。アスペルガーの観察対象には非凡な能力をもつ児童がいたほか、シルバーマンの言葉を借りれば「ルールや規則、計画といったことに強い関心」を示したという。

一方、カナーは自分の患者を「障害者」という視点から見ていた。彼は自閉症は子育てに問題があることから生じると考えており、これが現在まで続く自閉症児の親に対する根強い偏見のもとになった。さらには、発達障害をもつ人々を受け入れるための教育システムなどの社会基盤を整備するのではなく、自閉症は「治療」されるべきものだという社会通念が形成されていったのだ。

教育システムはいまの時代に合っているのか?

発達における多様性を考えたとき、教育分野では特に対応が遅れている。その理由のひとつは、既存の教育システムが、産業革命後の大量生産・大量消費社会におけるごく一般的なホワイトカラーやブルーカラーの職業に就くことを前提に、設計されたものであることだ。

子どもたちは学校で標準的な技能を習得するほか、社会のよい構成員になるうえで歴史的に重要とみなされてきた組織的な行動、そして従順で信頼のおける性質を身につけることになっている。だが、こうしたシステムはいまの時代に見合っているのだろうか。

何らかのかたちで非定型発達の特性を備えていると診断される4分の1の人々は、近代教育の制度や理論とはなじまないのではないかと考えているのは、わたしだけではないだろう。

わたしは以前から、教育は他者から与えられるものであるのに対し、学習は自ら行うものだということを言ってきた。さらに踏み込めば、広義の「教育」という概念ですら、いまでは時代遅れになっているのかもしれない。学ぶことを支えるためのまったく新しいアプローチが必要になっているのだ。現行の制度の規模や大量生産を目的とするというその性質を考えれば、「教育」というものを再定義し、過去につくられた直線的な判断基準を緩めるときが来ている。

インターネットや人工知能(AI)により、ニュートンの法則でものごとを予測するのが可能だった世界は遠のき、ハイゼンベルクの複雑さと不確定性の時代が幕を開けようとしている。ニューロダイヴァーシティ(脳の多様性)を受け入れ、それを尊重することが、この変化を生き抜く上での鍵となるだろう。

「普通」を強制しない教育もある

ロン・サスキンドの『ディズニー・セラピー 自閉症のわが子が教えてくれたこと』は、3歳の誕生日前後からまったく話さなくなってしまった著者の息子オーウェンの物語だ。オーウェンは以前はディズニーのアニメ映画が大好きだった。彼が言葉を失ってから数年が経ったころ、サスキンドは息子がディズニーのクラシック作品を丸暗記していることを発見した。

オーウェンはその後、ディズニーのキャラクターを真似てそのセリフをしゃべることで、家族と再びコミュニケーションがとれるようになった。読み書きは映画のクレジットを使って学んだ。大きくなったオーウェンは最近、「Sidekicks」という自閉症スペクトラムをもつ子どもとのコミュニケーションを助けるアプリの開発に参加している。

オーウェンの物語は、自閉症の発症形態がいかに多様であるかということだけでなく、「普通」になることを強制しなくても別のやり方を見つけられれば、自閉的傾向のある子どもがうまく生きていけることを示している。

しかし、現在の教育システムは個々の事例に合わせて柔軟なプログラムを提供するようには設計されていない。つまり、既存の学校は非定型発達にうまく対応できていないのだ。

神経発達の多様性とシリコンヴァレーの成功との関係

それだけでなく、わたしたちの社会はいわゆる社会的スキルに乏しかったり、「普通」とは見なされない人々への忍耐や理解を欠いている。動物学者で家畜の権利保護を訴えるテンプル・グランディンはやはり発達障害の持ち主だが、アルベルト・アインシュタイン、ヴォルフガング・モーツァルト、ニコラ・テスラといった歴史上の人物がいま生きていれば、「自閉症スペクトラム」と診断されたはずだと主張する。

グランディンは自閉症は人類の進化に大きく寄与してきたと考えており、「自閉症という特質がなければ人類はいまも洞窟の中で暮らしていたかもしれない」と述べている。彼女は、神経発達の多様性をジェンダーや民族、性的指向の多様性と同じように尊重することを訴えるニューロダイヴァーシティ運動の第一人者でもある。

アスペルガー症候群や自閉症スペクトラム症の人たちは、定型発達者ならごく簡単にできることの一部を困難だと感じる一方で、彼らだけに見られる特異な能力を備えている。イスラエル国防軍の9900部隊は衛星データなど地理関係の情報分析を専門に行う部隊だが、ここにはパターン認識において常識を超える力を発揮できる兵士たちがいる。彼らは皆、自閉症スペクトラムの持ち主だ。

わたしはシリコンヴァレーの成功の一端は、これまでの社会的価値や企業のあり方といったものがほとんど重視されない点にあると思っている。東海岸の大半では年月が与えてくれる経験や年長者への服従といったものがまだ支配的な力を保っているが、あそこではそういったものはほとんど意味をもたない。

シリコンヴァレーではオタクっぽくて扱いにくい若さが好まれる。超人的で「普通ではない」能力が、世界中が羨む金のなる木に姿を変えるのだ(なお、この新しい文化はニューロダイヴァーシティという観点からは評価されるべきだが、人種やジェンダーという基準から考えれば、支配的な地位はほとんど白人男性に占められているという点で問題が残る)。

「アンスクーリング」運動の真意

自閉症と関連づけて語られるパターン認識などにおける並外れた能力は、科学やエンジニアリングと非常に相性がいい。非定型発達の人々は、プログラムを書いたり複雑な考え方を理解したり、数学の難問を美しく解くといったことに長けている。

残念ながら、多くの学校はこうした子どもたちを取り込むことに苦戦している。通常とは異なる発達を遂げようとしている脳にとって適した学習方法は、すでに明らかになっているにも関わらずだ。非定型発達の子どもたちは興味のあるものについて調べたり、課題解決型の学習や教師に教わるのではない学び方といった手法なら大きく伸びる。

マサチューセッツ州フレイミングハムで「Macomber Center for Self Directed Learning」を運営するベン・ドレイパーは、センターはすべての児童を対象にしているが、自閉的傾向があるとみなされて一般の教育システムにはなじめなかった子どもが、特に能力を発揮することが多いと話す。

ドレイパーは「アンスクーリング(unschooling)」と呼ばれる運動を推進している。アンスクーリングは単に現行の学校教育に異議を唱えるだけでなく、学習とは「何かを教わること」だという考え方そのものを問い直そうとする動きだ。

子どもたちは自らの興味を追求していく過程で学んでいく。だから、わたしたちは子どもが助けを求めてくれば手を貸すが、それ以外はできる限り邪魔をせず、ただ見守っていればいい。

MITが教育プログラムの改良に努める理由

そんなやり方では必要なことは身につかないし、親としての責任放棄に等しいのではないかとの批判も多いだろう。ただ、いまから思えば、わたしも小さいころにこうした方法で学んだほうがうまくいったのではないかという気もする。

アンスクーリングについて最初に教えてくれたのは、マサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボのアンドレー・ウールだ。ウールとドレイパーは2018年9月に発表した論文のなかで、アンスクーリングはどのような子どもに対してもうまく機能すると述べている。ふたりはまた、学校教育によって得られる成果は限られているだけでなく、現行のシステムは子どもの人権の侵害だとすら考えている。

MITはインターネット以前の時代にあって、非定型発達だが非凡な能力の持ち主である人々がコミュニティを形成できる場所を提供していた数少ない教育機関のひとつだ。しかし、そうした実績をもつMITでさえ、学生たちが求める多様性と柔軟さに対応するために、いまでもプログラムの改良に努めている。特に学部教育ではそうだ。

従来型教育で「失敗」とみなされる子どもたちの才能

冒頭にも書いたように、わたしは自分が非定型発達ではないかと疑っている。仮に専門機関に相談したらどのような診断を受けるかはわからないが、とにかく伝統的な意味での教育にはまったく不適格だった。学ぶことは大好きだったが、わたしの知識はすべて、何かのプロジェクトを進めながら人との会話を通じて獲得したものだ。

それでも苦労しながら、なんとか世界と自分とを結びつけることができた。その過程で手にしたものも多い。最近では、自分の世界観とどうやってそれを培ったかを博士論文として発表した。わたし自身の経験を一般化することはできないが、博士論文を読んだ人から、わたしは非常に特殊で、「ヒトに近い新しい種」だとでも考えたほうがいいのではないかと言われたこともある。

これは褒め言葉だとして、とにかく、わたしのような人はたくさんいるのではないだろうか。ただ、彼らはわたしほどの幸運には恵まれず、既存のシステムに順応することを強制され、才能を開花するのではなくむしろ苦しむという結果に終わってしまったのかもしれない。

実際、わたしのようなケースは少なく、現在の社会機構に比較的うまく適応できる子どももいる一方で、多くの子たちは従来型の教育では「失敗」とみなされてしまう。しかし、彼らこそわたしたちが取り組む問題の解決に大きく貢献できる才能をもっているのだ。

産業化時代の学校教育の功罪

産業化時代の学校教育は、児童に基礎的な読み書きの能力と社会の構成員としての義務を身につけさせる以外に、工場労働や単調なデスクワークに耐える人材を育て上げることを主目的としている。子どもをロボットのような(賢い)個人に作り変えていくことには、かつてはそれなりに意味があったのかもしれない。万人向けに標準化された試験で、スマートフォンもインターネットも使わずに、HBの鉛筆1本ですらすらと問題を解いていくような子たちだ。

型にはまらない者は排除するか、投薬や施設に入れることで「治療」することは、工業化の進んだ社会においては重要だと考えられていたのだろう。また、昔は教育のためのツールも限られていた。

しかし、さまざまな分野でロボットが人間にとって代わりつつある現代では、ニューロダイヴァーシティを受け入れ、それぞれの興味関心や遊び的な要素、課題解決型の学びなどを通じた「協調学習(collaborative learning)」[編註:異なるレヴェルにある複数の学習者が意見を交換し、協力しながら新しい知識を獲得していく学習方法]を積極的にとり入れていくことが必要になっている。

子どもたちが機械にはできない方法で知識を得られるような環境を整えるべきときが来ているのだ。多様な能力や共通の関心をもつ人々を結ぶ「つながりの学習(connected learning)」のためのテクノロジーを活用することもできるだろう。

4つの「P」の重要性

メディアラボには「Lifelong Kindergarten」という研究グループがある。グループを率いるミッチェル・レズニックは昨年上梓した著書のなかで、クリエイティヴな学習とそこで鍵となる4つの「P」について書いている。情熱(Passioin)、仲間(Peers)、プロジェクト(Projects)、遊び(Play)だ。

Lifelong Kindergartenの研究者たちはわたしと同じように、人間は自分が情熱を感じることについて学ぶのがいちばんだと考えている。その際にはゴールを設定して、仲間と一緒にプロジェクトベースで学習を進める。また、遊びの要素を含んだ楽しいアプローチも重要だ。

わたしが学校のことを考えるときに思い出すのは、「ずるをしてはいけません」「きちんと自分のことをやりましょう」「教科書に集中しなさい。好きなことばかりやっていてはだめですよ」「学校が休みになったら遊ぶ時間はあります。学校では真面目に勉強しなさい。さもないと後悔しますよ」といったことばかりだ。4つのPとはまさに正反対ではないか。

「別種の普通」の重要性

わたしは、さまざまな精神面での問題は、何らかの非定型発達を「治そう」とすることで起きているのではないかと疑っている。もしくは、ニューロダイヴァーシティというものに対して単に無神経だったり、不適切な対応がなされたりしたためだろう。

4つのPを忘れず、非定型発達の人々の生活や学習、彼らとのやりとりにおいて適切な手段を用いることで、精神「疾患」は“治療”できるのだ。

学生だったときも、教育を与える側になってからも、教育制度を巡るわたしの経験はそれほど特殊ではないはずだ。「定型」には収まらないと判断された4分の1の人々は、既存のシステムや近代教育の理論の下で苦しんでいるのだろう。周囲とはちょっと変わっていても、彼らは決して例外ではなく、別種の普通として捉えられるべきなのだ。

Credits

Translation by Chihiro OKA

Leave a comment