Recently in Wired Insight Category

アルゴリズムがつくる「公正さ」には、差別を助長する危険性が潜んでいる »

アルゴリズムによって数学的に「公正」とされることが、社会的、倫理的、かつ人種差別という観点から見たときに公正でないことがある。そしてアルゴリズムによって下された判断そのものが、貧困、就職難、教育の欠如といった潜在的な犯罪の要因を生み出すことにつながる可能性がある──。マサチューセッツ工科大学(MIT)のメディアラボ所長・伊藤穰一による『WIRED』US版への寄稿。

「3.11」の原発事故を教訓に、オープンデータの重要性を改めて考える »

東日本大震災から8年が経った。当時、世界中の専門家が協力し、放射線量の測定値をインターネット上の地図にまとめる世界規模の測定システムが生まれた。この知見は他分野でも応用できるものだが、営利目的ではないデータの利用は活性化していないのが現状だ。目先の金儲けではなく、長期的な視点から社会に利益をもたらせるモデルを構築すべきときが来ているのではないか──。

科学の未来のために、論文を「購読料の壁」から救い出せ »

科学はオープンなシステムによって知識を共有することによって、育まれ、発展していく。しかし、一部の学術誌の購読料が大幅に高騰しており、資金的に恵まれた大学の図書館ですら定期購読を続けるのが難しくなっているという。わたしたちはこの状況にどう対処していくべきなのだろうか──。

学校の授業時間再編を巡る騒動から得た、人工知能にまつわる重要な視点 »

ボストン公立学校の授業時間がアルゴリズムに基づいて変更され、不満を覚えた一部の保護者が強く反発する出来事があった。始業や終業の時刻、スクールバスの運行スケジュールを学年に応じて最適化し、所得の影響を考慮し、さらに運営コストの削減まで盛り込んだアルゴリズムは最適解を導いたはずだったが──。

「ニューロダイヴァーシティ」を受け入れるために、あるべき教育の姿を考える »

発達における多様性を考えたとき、教育分野では特に対応が遅れている。複雑さと不確定性の時代が幕を開けるなか、「ニューロダイヴァーシティ(脳の多様性)」を受け入れて尊重することが、この変化を生き抜く上での鍵となるのではないか──。マサチューセッツ工科大学(MIT)のメディアラボ所長・伊藤穰一による『WIRED』US版への寄稿。

代用肉の進化と、「細胞農業」がもたらす食の未来 »

食品を細胞培養によってつくり出す「細胞農業」と呼ばれる分野が注目されている。植物ベースの代用肉の先には、本物の肉が培養だけで人工的につくられる時代がやってくるだろう。食糧生産の未来には真の科学の力が必要であり、いますぐこの問題に取り掛からねばならない──。

AIは未来を予測しない。いまを映す「鏡」である »

人工知能(AI)が犯罪抑止のような用途で活用され、アルゴリズムを使えば客観的なリスク評価が可能だとされている。だがデータのバイアスを考慮すれば、「水晶玉」のように未来を予測することは困難ではないか。むしろ世のなかのひずみを映し出し、社会を批判的に見つめ直すための「鏡」なのではないか──。

「ユニヴァーサル・ベーシックインカム」のパラドックス »

米国は明らかに、所得格差によって分断されてしまっている。そして、この問題に対する有効な解決策は見つかっていない。いまこそ「ユニヴァーサル・ベーシックインカム」について、きちんと考えるべきときが来た──。

「説明できること」の先にある科学の未来 »

わたしたち人間の脳は、直観的な物理演算エンジンのような働きによって物事を予測できる。こうした「直観」は、統計的な機械学習に依存する現在の人工知能(AI)には備わっていない。もし機械が直観モデルを学習できるようになれば、科学はもうひとつ先の段階に進むのではないか──。

仮想通貨とブロックチェーン、そしてICOの狂乱に思うこと »

暗号通貨に手を出す投機家は、どこぞの愚か者がコインを手に入れるために自分より多くの金を払うだろうと考える。悪くない賭けに見えるだろう。ただし、その仮定が成立している限りにおいての話だ──。