Joiのポスト「Freely downloadable Free Culture going into third printing」

クリエイティブコモンズのブログによると、レッシグ教授の新刊『Free Culture』はCCライセンスのもとで無料でダウンロードできるんだけど、それでも売れているという話。

Joi
 CCライセンスと無料ダウンロードが、『Free Culture』の売上に貢献しているかどうかを証明するのは難しい。だけど、無料ダウンロードが売上を妨げるものではないのは確かだろう。電子版の無料提供と本の売上増の関係を示すことは可能だろうか?

いろいろコメントで議論が続いていますね。タレントなり音楽なり、露出すればするほど売れるようになるというのは、レコード会社が、ラジオでかけてもらうためにDJにレコードを渡していた時代から変わらないと思います。本の場合、無料の電子版を持っている人が、途中から紙で読みたくなって本を買うというパターンもありそうです。

1 Comment

確かにコピーのせいで売上が減っていると思う

Leave a comment

1 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: 無料の本『Free Culture』が売れている?.

TrackBack URL for this entry: https://joi.ito.com/mt/mt-tb.cgi/2644

今卒業論文を書いていて、ローレンス・レッシグ氏のコモンズを参考文献のひとつとして... Read More