View from my tent

FOO CampのFOOは「Friend of O'Reilly」(オ・ライリー氏の友人)の略だ。ちなみにBillじゃなくてTimの方ね。彼は毎年、少人数のグループをセバストポールに招き入れ、一緒の時を過ごして話しをする。ただTimは友人が多く、全員を呼ぶわけにもいかないから、そのことでときに傷つく人が出ることが問題だったりもする。でもこのような集まりには、それ以上大きくしすぎてしまうと生産性が落ちてしまうというサイズがあって、今くらいがちょうどいいと僕は思っている。

というわけで、難しい人選をこなし、何から何まで手配して、驚くほど楽しく、有意義な集まりを開催してくれたTim、そしてO'Reillyチームの皆さんに感謝したい。

前回FOOに参加したのは2005年だった。近くのホテルに泊まり、とてもいい時間を過ごしたんだけど、キャンプでのテント生活を選んだ今年の方が格段に楽しかった。時差ボケを気にせずに24時間続いている対話に好きな時に参加できる、というだけでも非常に楽しめた。

各セッションも素晴らしかったけど、古い友人と交わす近況報告や、新しい友達作りが何よりも楽しかった。加えて、直接顔を合わせでもしないと聞けないような超極秘の話しが聞けたのも、収穫だった。 ;-)

画像をFlickrのセットとして投稿した。ノートパソコンの補正がおかしくなっている可能性があるんだけど、黄色いテント内で作業したのでさらにややこしいことになっているかもしれない。色がおかしい箇所は修正しようと思っている。彩度が強すぎる場合は申し訳ない。

Leave a comment