What open means to you
Bassel / joi / CC BY

2012年3月15日にシリアの首都ダマスカスのメッゼ地区で行われた一連の逮捕で、Bassel Khartabil(バセル・ハルタビル)が拘束されました。それ以後、家族には拘束の理由および彼の所在に関する公式な説明は一切されていません。しかし彼の家族は最近になって、ダマスカスにあるKafer Sousa(カフェル・ソウサ)の保安支部で拘束されていた人々から、Basselがそこに捕らわれていることを知りました。

Bassel Khartabilはパレスチナ生まれの31歳のシリア人で、オープンソースソフトウェアの開発、すなわちインターネットの基盤となるような貢献を専門とする一流のコンピュータエンジニアです。10年前にシリアでキャリアをスタートさせ、いくつかの地元企業のもとでパルミラの遺跡修復や、Forward Syria誌などの文化的プロジェクトにテクニカルディレクターとして従事してきました。

Basselの逮捕以後、シリアおよび世界各地における彼の価値あるボランティア活動は中断されてしまい、彼を頼るコミュニティにとって手痛い不在となっています。加えて、彼の家族、そして去る4月に結婚を予定していた婚約者は、人生そのものを中断されてしまっています。

Bassel Khartabilは4ヵ月近い期間、裁判も法的な訴因も一切ないまま不当に拘束され続けています。 freebassel.org より

ここに我々は『Support to Bassel』、Bassel氏とその家族、その友人たちを支持する旨、宣言します。

クリエイティブ・コモンズは、技術系コミュニティに対して大きく貢献し、リーダーシップを発揮しているBassel Safadi氏の釈放を求める活動を支援します。Bassel氏はその専門性とこれまでの実績のあらゆる面での献身で、無料で一般公開されるオープンソースのコンピュータソフトウェア・コードとその技術の開発を支えてきました。氏は、クリエイティブ・コモンズに対する支援としての価値あるボランティア活動のみならず、技術分野におけるあらゆる取り組みにおいてこの目標に向けて尽力しています。彼の取り組みは、無料で利用できるオープンな技術の品質と可用性を高め、技術の進歩をもたらしています。 freebassel.orgにある支援表明に署名することで、Bassel氏の解放を支援してください。(ツイッターのハッシュタグ: #FREEBASSEL )

クリエイティブ・コモンズのブログからの転載投稿

3 Comments

明確な理由なく拘束されるなんて…。

シリア、あるいはシリア政府にとって、Basselさんは「危険」なのでしょうか?
むしろ、シリア、あるいはシリア政府とって、Basselさんを支援するほうが、国や政府の価値を高め、国際的にも有意義な国としてシリアが存在感を発揮できると思うのですが…。

もちろん、オープンソース・ソフトウェアは、人類の共有財産を増やすという意味では、国境を容易に越えるものでもあり、必ずしも国家の利益と一致する場合ばかりとは限らないかもしれません。

ただ、今回のように、「そうしたソフトウェアの開発者であるということ」であることを理由に(?)、国家や政府に拘束されるようなことは、絶対にあってはならない。

それに、Basselさんとそのご家族の「失われた時間」が本当に気の毒です。私とほとんど同年輩、結婚を目前にしての拘束だなんて…。

Basselさんが解放されることを、心より祈念しております。

なお、freebassel.orgの支援表明の署名のシステムがやや貧弱?なようです。
私も署名しましたが、supporters一覧に、一日経っても反映されません。
よくみると、(おそらく私と同様に)反映されないことを心配したために複数回署名を送信して、リストに何回も掲載されてしまっているかたもいます。
googleドキュメントの不具合なのかどうか、よくわからないですが、より多くの人が支援表明をできるように、システムが改善されますように…。

高校三年生の男です
NHKの特集に感化され、また感動しました
JOIさんに連絡とれそうな英語のサイト見つけて長々としたメール送ったら住所にカナダって書いてあるのを見つけて、違うじゃん!!と。。。
心折れかけました
だって三十分以上もメール打ったんですもん。。。

あまりこのサイトを使ってなさそうなので初めからここには書かなかったのですが
とりあえずここに書いておきます

このメールを見てもらえたら一言返信していただけますか?
長々としたメールで意見していただきたいことがあるんです

宜しくお願いします

おつかれです^^

Leave a comment

About this Entry

This page contains a single entry by Joi published on 2012年7月 2日 12:00.

Daniel Suarez の新作小説 『Kill Decision』 was the previous entry in this blog.

電通がデジタルガレージに出資しファミリーに加わる is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index.

月別 Archives