シリアにおけるオープンソースソフトウェア・コミュニティの中心人物の一人、Bassel Khartabil (バセル・ハルタビル)が「国家の安全保障を脅かした」として2012年3月以来シリア政府によって収監されている。国連の恣意的拘禁に関する作業部会はその拘束を恣意的なものと宣言し、即時放免を求めてきた。

Bassel

アサド政権内の人物たちからKhartabil氏の妻、人権弁護士の Noura Ghazi (ノウラ・ガジ)氏に接触があり、Bassel に対して死刑判決が下された旨が伝えられた。Noura 氏の Facebook への投稿(アラビア語)に英文の翻訳とコメントがついている。)このうわさの真偽を確認することは不可能だが、Bassel の友人、ならびに表現の自由を守るすべての人々にとって非常に憂慮すべき報告だ。

ブラジルのジョアンペソアにあるインターネット・ガバナンス・フォーラムはシリア政府に対して、 Bassel の家族に彼の居場所を伝え、寛容な処置をするよう求める声明を出している。我々MITメディアラボもこの呼びかけに賛同し、Bassel の居場所を開示して拘束から解放するようシリア政府に対しできる限りの働きかけをするよう、インターネットコミュニティの皆様にお願いしたい。

MITメディアラボでは10月22日付けで Bassel Khartabil を市民メディアセンターの研究員として招き入れ、ISISによって破壊された古代都市パルミラの遺跡を3Dモデル化するプロジェクトを継続してもらいたいと呼びかけている。我々は Bassel がメディアラボの同職に就任できることを願い続けるとともに、彼に死刑判決が下されたという話が事実ではないことを切に祈っている。

Bassel への恣意的拘禁を広く世に知らせ、その居場所に関する情報の開示と即時解放を求める活動に、皆様にもぜひ、ご協力いただきたい。

MITメディアラボ所長 Joi Ito(伊藤穰一)
MIT市民メディアセンター主任科学研究員 Ethan Zuckerman(イーサン・ザッカーマン)

Leave a comment