Recently in プライバシー Category

あなたが犬か人間か、ISPは知っている。 »

ドナ・ウェントワース@CopyfightYour ISP Knows You're a Dog インターネットにおける匿名性を維持する重要性について、フレッド・フォン・ローマンがLaw.comのコラムで書いている。『覚えておいてほしい。(インターネットではあなたがたとえ犬だとしても誰もわからないと思っているかもしれないけど)あなたのインターネット・サービス・プロバイダ(ISP)は、あなたが犬ではないと知っているのだということを。そしてあなたの敵は、裁判所の証拠提出命令書が1枚あれば、憲法で守られた匿名で吠え立てる権利を脅かすこともできるのだ』匿名性は、テロリズムとインターネットを語る上でとても重要な問題だ。僕もオーガナイズに協力している『民主主義、テロリズムと開かれたインターネットに関する国際サミット』のインターネット部会でも議題になる予定。あと、プライバシーの重要性とwhoisデータベース(ドメイン名のオーナーと連絡先のデータベース)に関してICANNの立場はどうなのよという話の流れでも、重要な問題だ。匿名性を確保する上で払われねばならないコストというのは確かにあるけど、匿名発言の息の根を止めてしまうことは民主主義にとって甚大なコストとなる──そういう風に、僕は今でも考えている。 匿名で発言する権利を守ろうと思っているのは、EFFとか僕みたいな人間ばかりじゃない。米国科学振興協会も匿名性支持の立場で「現在、あるいは未来においても、(匿名性は)規制することで益のある領域ではない」と言っている。もちろんこれは1999年の話だけど。(この発言のある報告書に関するWiredの記事) フレッドのコラムにもあるように、米国建国の父たちは『フェデラリスト・ペーパー(岩波文庫『ザ・フェデラリスト』に収録)』を匿名で発表した。彼らは匿名での発言権を守ることの必要性を当時から痛切に感じていて、それを憲法にも組み込もうとした。そして今、僕たちは著作権の侵害やテロリズム、児童ポルノ、その他もろもろの悪だくみをしている悪鬼を恐れるあまり、その権利を骨抜きにしようとしているのだ。 訳注:オリジナルの方ではJohn Doe(行路病者みたいな名前のわからない患者に病院で仮に付けられる名前ですね)さんが「実際に自分が匿名の悪意にさらされてもそういうこと言えるわけ? 理想と現実は違う」と反論コメントを寄せています。それに対するJoiさんの考え方は「法律で制限しようとしても、悪いことする人は絶対抜け道を見つけるんだから、現実的にも匿名性の規制にあまり意味はない」というもののようです。詳しくは以下へ。 オリジナル:Joi Ito's Web: Your ISP Knows You're a Dog...

セキュリティ監査について、長野県知事へのレポート »

長野県知事の田中康夫氏は、特に中央政府の住民基本台帳システムに重点をおいたネットワークのセキュリティ監査を行うよう指示を出した。僕はその監査結果について第三者的意見を求められていたんだけど、中央政府の基本台帳システムのセキュリティに関するパネルにも参加しているので、ちょっと問題になったみたいだ。中央政府はセキュリティ問題を否定しているので、日本に帰ったらこの問題に対処しないといけない。 セキュリティ監査はまだ進行中で、僕がやった「監査の監査」も、途中経過報告に基づくただの意見に過ぎない。東京に戻ったら両方のサイドに会って話をするつもりだし、最終的な監査結果が出た後で、中央政府側の意見も聞いた上で、もう一度意見書を書くことになると思う。 レポートの内容 オリジナル:Joi Ito's Web: My letter to the governor of Nagano about his security audit...

友だちの友だちはみなテロリスト? »

カナダとシリア、両方の市民権をもつマヘル・アラーさんという男性が、ニューヨークのJFK空港で乗り継ぎの際に逮捕され、米国政府によってシリアに強制送還された。彼がどういう基準で「テロリストとして疑わしい人物」と判断されたのかは定かではないが、シリアで1年近くも投獄されることになり、延々と拷問を受けたあげく、ようやくカナダに戻れることになった。 日本人にくらべればシリア人の方が明らかにその手の“リスト”に載ってしまう確率は高いんだろうけど、これってほんとに怖いことだよね。米国政府の発表によれば、シリアで投獄中の別のテロ容疑者と交友関係があったということなんだけど、アラーさん自身はその男のことはほとんど知らないという。 この事件は、僕たちにとってどういう意味があるんだろう? 「この人はテロ容疑者ではない」とハッキリするまでは、誰に会っても仲良くしちゃいけないってことだろうか。それってつまり、その人の知り合いにもテロ容疑者がいないことを確かめなきゃいけないってこと? 「知り合いの知り合いをたどっていけば、6ステップ以内で世界中のすべての人間にたどりつく」というSix Digrees理論が正しければ、僕らはみんな、ある意味テロリストの容疑者ってことになる。 FriendsterやLinkedInみたいな知らない人どうしをつなぐサービスを使うときは充分気をつけた方がよさそうだ。もちろんメールも。コミュニケーションの内容だけじゃなく、誰と接触しているのかという情報(sigingまたはsignals intelligence)についても、プライバシーが守られていることにすごく慎重になる必要がある。 いや、これは冗談抜きで、よく知らない人と会ったり、電話で話したり、メールやその他の手段で「接触する」だけで、テロ容疑者のリストに載ってしまうようなとんでもない結果になることもあり得るってことだ。 マヘル・アラーさんの事件については、カナダに戻ってからメディアに対して発言したときの発言全文を読むことができる。 オリジナル:Joi Ito's Web: Maher Arar, a Canadian, arrested and deported by the US government to be tortured in Syria...

米国の空港に導入が予定されている指紋登録装置 »

The Associated PressU.S. Unveils ID System WASHINGTON (AP) -- The public got its first look Tuesday at fingerprinting and photo equipment that will be installed at 115 airports and 14 seaports to check identities of millions of foreign visitors. The equipment, which goes into use Jan. 5, will allow inspectors to check identities of visitors against those on terrorist watch lists. [...] The system consists of a small box that digitally scans fingerprints and a spherical computer camera that snaps pictures. It will be used for the estimated 24 million foreigners traveling on tourist, business and student visas who enter...

audblog audio post - Privacy Report »

audblog audio postPrivacy Report on wiki.

audblog audio post »

audblog audio postプライバシーと個人情報保護法について。...