Recently in 住基ネット Category

セキュリティ監査について、長野県知事へのレポート »

長野県知事の田中康夫氏は、特に中央政府の住民基本台帳システムに重点をおいたネットワークのセキュリティ監査を行うよう指示を出した。僕はその監査結果について第三者的意見を求められていたんだけど、中央政府の基本台帳システムのセキュリティに関するパネルにも参加しているので、ちょっと問題になったみたいだ。中央政府はセキュリティ問題を否定しているので、日本に帰ったらこの問題に対処しないといけない。 セキュリティ監査はまだ進行中で、僕がやった「監査の監査」も、途中経過報告に基づくただの意見に過ぎない。東京に戻ったら両方のサイドに会って話をするつもりだし、最終的な監査結果が出た後で、中央政府側の意見も聞いた上で、もう一度意見書を書くことになると思う。 レポートの内容 オリジナル:Joi Ito's Web: My letter to the governor of Nagano about his security audit...

audblog audio post »

audblog audio post横浜市の個人情報保護の審議会。...

銀座で住基ネット反対の街頭宣伝 »

8月4日の午後1:00pmから3:00pmまで、櫻井よしこさんのチームといっしょに銀座で住 基ネット反対の街頭宣伝に行って、スピーチしたりパンフレットを配ったりした。マ スメディアの取材が多かったけれど、ちょっともう遅すぎだと思う。僕たちは去年の 9月からこの問題を扱ってきたのに、明日から始まるという前日になってやっとマス メディアが注目してきた。今後もさらに活動を続けることになるけど、法律が公式に 施行してしまったから、今からはもっと難しくなるだろう。今のところ出会う人たち は、みんないっしょに反対し続けてくれると言っていて、もし僕がこのまま続けてい るとすべて失うことになると脅す人はいない。...

住基ネットについてマスメディアが理解しないこと »

このところ何度もテレビのインタビューを受けているのだけど、マスメディアは住基ネットのセキュリティのことにだけ注目してる。それは重要なことだとは思うけど、もっと大きなリスクは、11桁番号が行政のデータベースに使われたということで、リストを作るのがとても簡単になることと、いろいろマッチング出来ることと、情報が漏れることなんだ。 他にマスメディアがいろいろ取り上げていることには、ICカードの中の情報の蓄積についてというのがある。だけどこれは実際的には関係ない。何が問題かというと、ICカードが現実世界の処理とデータベースの間のリンクになることなんだ。 もうひとつの大きなリスクは、11桁の番号は書き残したり読んだり配ったりが簡単に出来ること。どうして人間には読めないような、デジタル署名やハッシュ関数を使わなかったのかな? みんな住基ネットのセキュリティについて僕に話して欲しがるから、アイデンティティの基本的なことやプライバシーが民主主義の土台になっているというコンセプトについて話した部分は、収録の中からカットされてしまう。 住基ネットのセキュリティについて考えるなら、総務省が言っているファイアーウォールがあるとか専用線を使ってるから安全だという主張は間違いなのは、コンピューターネットワークについて知ってる人ならだれでもわかる。安全なネットワークなんて存在しない。そういう話をしていて思うのは、注視するべき大事なことは、ファイアーウォールのセキュリティなんかの技術的問題ではなくて、一番安全なネットワークは最小限の利用者とコンピューターしかない小さなネットワークだということ。それを理解して欲しい。 - Joi Translated by gt...

住基ネット - 次々変化する言い訳 »

2002年の5月あたりまでは、総務省は「住基ネットは専用線で構成された独立したネットワークでありファイアーウォールがあるから安全だ」という主張を続けてきた。しかし稼働を控えた7月になると、どうも発言が少しずつ変わってきている。...

住基ネット - 指摘済みのセキュリティ対策不足 »

様々な人たちが住基ネットの技術的な問題 - 特にセキュリティについての問題を指摘をしてきた。しかし、これは住基ネットに反対する人たちだけが言っていることではないのだ。 6月11日に「電子政府評価・助言会議」の第5回が開催されているが、ここでは、政府の選んだ委員が多様な技術的、運営にかかわる問題を指摘していた。この議事録は官邸ウェブサイトに上がっているので、誰でも読むことができる。その中では、約3300の地方自治体への情報セキュリティ人員確保の困難、人材育成の手間と時間の問題、予算の不足、システム監査の問題などが指摘されている。さらにそこには、内閣官房、総務省、経済産業省、法務省、財務省、文部科学省、国土交通省、 防衛庁、金融庁などから代表が参加していた。つまり政府は住基ネットの開始までにセキュリティ対応が間に合わないと知っていたのだ。 電子政府評価・助言会議(第5回)議事概要...

住基ネット - 試験運用? »

一般の人も政治家も、住民基本台帳ネットワークは8月5日から始まるものだと思ってきたはずだ。だが、毎日新聞社の19日のニュースは明らかに事実は違うことを示している。 22日から始まっている仮運用では、実際の住民の転入・転出データをネットワークに流している。また21日までには、全国サーバーには全国民の、また各都道府県のサーバーにはその都道府県の全住民の住民基本台帳データ(名前、住所、生年月日、性別)と住民票コードの11桁番号のコピーが転送され記録されているのだ。すでに日本の国民全員に番号を振る作業は終わっている。8月5日の前と後との違いは、「8月2日までの転出者のデータを削除すること」だけなのだ。エンジニアなら誰でも「これはすでに本運用だ」と言うだろう。 政治の世界ではレトリックが当然のように使われる。これもその一例だ。そして、怖いのは政治家と官僚が「言葉遊び」でやりあってる間に現実のデータベースが構築されてしまったことだ。東京都民1200万人の住基データはDVD-ROM2枚に収まるだろう。日本の全国民のデータも20枚あれば入ってしまうはずだ。これで住民基本台帳の個人情報流出は「今そこにある危機」になってしまった。そしてもし被害が出たら、この国の政府では誰がまともに責任を負うつもりなのか? Mainichi Interactive 住基ネットを22日から仮運用 総務省...

住基ネットを22日から仮運用 総務省 »

From Mainichi Interactive は?もう実験っていう名目で番号をふってしまっているのですか? (Thanks for this link Takama-san) 総務省は、8月5日に稼動を予定している住民基本台帳ネットワークシステム(住基ネ ット)について、22日から仮運用を実施すると発表した。また、11ケタの住民票コー ドを含めた住民データを市区町村のセンターサーバー、都道府県サーバー、全国セン ターのサーバーに送信・保存する作業を20日午前0時までに完了するとしている。 Mainichi Interactive 住基ネット SPECIAL INDEX...

Tokyo Shinbun »

今日から東京新聞で「プライバシー危機~迫る住基ネット」という特集がスタートしました。 ジョイもコメントを出しています。...

住基ネット関連TV »

22日(月) TBS 「ニュース23」で住基ネットの特集を予定。 内容は、住基ネットQ&A,推進論・反対論,インタビュー録画という構成です。 ジョイは、技術的危険性、起こりうる犯罪等についてコメントしました。...
Whiplash by Joi Ito and Jeff Howe
Freesouls by Joi Ito

Category Archives

月別 Archives