Recently in BlogにまつわるBlog Category

ブログのリフォームとこのサイトの歴史 »

1996年当時の本サイト ブログのアップグレードと整理にご協力いただいた、Boris Anthony と Daiji Hirata のお二方に感謝! プラットホームを Movable Type Pro 6.2.4 にアップグレードした。(そう、いまだに Movable Type を使っていたりする。) Daiji と Boris が Facebook の Instant Articles を使えるようにしてくれた。きっかけになった Dave Winer の投稿 と、協力してくれた Facebook の皆さんに感謝したい。Boris がブログのデザインをクリーンアップしてくれたし、レスポンスも改善してくれたため、モバイルフレンドリー度が上がった。 感心するのは、長年経つのにこのサイトのデザインが古くなっていない点だ。 僕ら(Eccosys の旗揚げメンバー)がウェブサーバーをセットアップしたのは1993年のことだった。1993年7月1日付けのこれが、僕がインターネットに投稿した最初の日記的なものだった気がする: 「Howard が Wired で僕のことを書いてる!」 2002年には Justin Hall の協力のもと、固定型だったウェブサイトを「ブログ」に変換した。固定型ウェブサイト時代も日記を載せていたが、この「ブログ」という新しい仕組みのおかげで更新がはるかに楽になった。 Boris が2003年の夏に僕のブログのデザイン担当を引き継いでくれて、2003年の7月にサイトを再ローンチした。2008年には Susan Kare が作ってくれた真新しいロゴも含む大幅なリデザインを行なった。 技術面で様々な変化が起きたにもかかわらず、このウェブサイトのコンテンツのほとんどが上記の度重なるアップグレードを経つつ今も存在しているのはかなりすごいことだと思う。また、Archive.org が大もとのデザイン版のこのサイト と その前のeccosys.com のアーカイブを残してくれているのも嬉しく思う。1993年の一番最初のバージョンは、僕のわかる限りでは失われてしまっているようだけど。ウェブもその水準もとても強固なものだし、ずっとそうであってほしいと思う。...

デザイン一新、気分も一新 »

ここ数年の間に、僕自身、ブログへの投稿が少しずつ滞るようになり、中断寸前にまでなった。そこで原因の分析を試みた。 興味のある事柄全てについて書き終えてしまったのか? ただ単にブログに飽きたのか? 自分のブログのサイトのツールとデザインに飽きたのか? はたまたWorld of Warcraftのほうで遊びすぎなのか? はっきりとはわからないが、おそらくこれらの要素の組み合わせだったのだろうと思う。 また、ソーシャルネットワークのソフトウェアツールやそのための会議、またそれらを話題にすることさえも、嫌気がさしてきていたようなところもあった。 去年のいつ頃だったか、Anilと話していて、彼がMovable Type version 4について心底胸躍らせていることを知った。彼はその新しい機能の一つ一つについて、またSix Apartのスタッフらがその件でどれほど盛り上がっているかについて説明してくれた。そもそも僕が知る限りAnilが何かに熱中すること自体久しぶりのことだし、何だか僕もつられてしまった。サイトのリニューアルについてはBorisとの間でかなり前からやろうという話は出ていたので、このMT4を機会にやることにした。 MT4は確かにまだいくつか詰めの甘い箇所があるけれど、大幅に改善されてきてはおり、僕は大いに満足している。(もっとも、詰めの甘い箇所への対処は僕の担当ではないのだけれどね。) というわけで、新生ウェブサイトがこれだ。まだあれこれいじっている最中なので、新しい枠組みをひとまず公開したといったところだろうか。トップページは、ブログというよりも、感じとしてはダッシュボード的にしてある。最新の投稿だけはちゃんと表示されるようにしてあるんだけどね。ソーシャルネットワーク系の要素をちょっと逆に使う感じで、僕自身のサイトを目的地に、各ソーシャルネットワークを枝的な位置づけにできないか試している。 次に我々が取り組むのは、MT4と連動して使えるコミュニティパックだ。意図通り機能してくれれば、友人のプロフィールを僕のほうから作成できるようになり、その友人のソーシャルネットワークに僕のリンクを追加してもらうということができるはずだ。これにより、僕が以前使っていたfaceroll(顔写真の一覧)よりももう少しダイナミックになるはずだ。僕のサイトが新たなソーシャルネットワークになるとは今思っていないけれど、僕と繋がっている人々同士の繋がりを、僕のサイト上で好みの方式で表示できればと願っている。これが軌道に乗ったら、何をすべきか、またすべきじゃないかについて、皆さんからフィードバックをもらおうと思う。 Twitter が持つ俳句的な制約は本当に素敵なんだけど、僕としてはまたブログが書きたくなりはじめている。 ;-) 素晴らしいデザインをしてくれたBoris、バックエンドを手伝ってくれたKuriとJim、我々をMT4に誘導してくれたAnilとSix Apartチーム、素敵な新しいロゴを作ってくれたSusan Kareにそれぞれ感謝したい。やったね! PS:ちなみに、画面右上にいるJonkichi君の小さなアイコンをクリックすると、秘密でナイショのRupture埋め込み画面が表示される。...

北京で過ごした一日 »

JUMP系列 Photographer:老0 ロサンゼルス発のフライトで昨日の午前5時に北京に到着して、今日の午後1時にニューヨーク向けて発つ予定だ。ロジスティックスおよび環境的な観点からは、今回はこれまでの旅行の中でもかなり無鉄砲な部類に入るだろう。けれども、その内容は,僕の人生で指折りのものだった。たった一日のうちにこれだけ大勢の面白い人たちに出会い、面白いものを目にして、面白い会話を交わしたのは本当に久しぶりだ。 昨日の朝一番のイベントは、Isaac Mao 氏が主催した cnbloggercon での講演だった。共有経済について話し、中国というコンテキストにおけるシェアリングについて面白い質疑応答や講演前後の雑談をすることができた。名前しか知らなかった中国系ブロガーの面々にも大勢会うことができた。この素晴らしい会議を年一回開催してくれている Isaac 氏率いるスタッフに感謝すると同時に、今まで足を運べなかったことを申し訳なく思う。 その後、北京にある中国国家図書館で開かれた Creative Commons China(知识共享)の写真コンテストの受賞式に出席した。様々なCCライセンス下のプロ・アマ作品が1万点も応募されていて、「社会人文」「自然環境」「人物肖像」の3つのカテゴリに分かれていた。受賞作品は有名な写真家、教授などの著名人を含む選考委員会によって選出された。写真の出来はいずれも素晴らしいものだった。受賞作品の紹介ページがこちらにある。優勝作品のすぐ下に次点作品の紹介コーナーがリンクされているので、見逃さないでほしい。 欧米諸国に「Flickr に無料写真が1枚追加されるたびにプロの写真家が1人失業する」なんて見当違いなことを主張する人もいる一方で、中国ではプロの写真家たちがCCライセンス下で傑作を世に出している。僕の見た限りでは、アマとプロが連携をとり、お互いを支え合っているようだった。 受賞式の後にはワークショップも実施され、高名かつ興味深い講演者の面々によるプレゼンがあった。総じて画期的で、手際良く実施されたイベントだった。Chunyan と CC China のスタッフに賛辞をおくりたい。 旅行の写真はまとめて Flickr にアップロードしている。Firefox のプラグインを使えば、Flickr に適用されている、中国系ドメインからのアクセスブロックを回避できることを昨日知った。そうでなくちゃ!...

Radarが共有機能を拡張 »

親しい友人の間で、主に携帯電話を使って撮った写真を共有することに特化した便利なサービス「Radar」に、新しい共有機能が追加された。少人数のグループでプライベートな記録を共有することを目的にしたこれまでのサービスに加えて、みんなに見られても構わない写真の共有もRadarでできるようになったんだ。それを簡単に行うためのウィジェットなども用意している。 僕はこのRadarに投資した。なぜかというと、小規模なグループ内で互いに写真を共有することと、このブログのように「公開」することは別ものと考えていて、しかも前者の市場はまだまだ需要が満たされていないと思っているからなんだ。とはいえ僕は、撮った写真をグループ内で見せ合うだけでなく,不特定多数で共有したいと思う瞬間はあると本当に思っている。だから今回の流れはRadarにとってはいいことだと思っている。 おそらく今回の機能拡張によって、僕はますますRadarを使いたくなると思う。というのは、僕は普通の人より・・・ゴホゴホ(咳)・・・少しだけ「オープン」な性格だから。詳しくはRadarのブログを見てほしい。...

テクノラティジャパンβ版公開について »

何ヶ月にも渡るデジタルガレージとテクノラティの努力の末、本日テクノラティジャパンのβ版サイトを公開することができ、本当に嬉しく思います。ブロガーの皆さんの中には、α版サイトを見つけてブログに書いてくださっていた方もいらっしゃいました。本日公開したβ版では、皆さんのフィードバックが反映されています。是非日本語のNEWSTALK(トップニュース)・BOOKTALK(トップブックス)等新しい機能も試して、ご感想を聞かせてください。 私たちもまだバグを見つけたりしながら日本のブログ界の皆さんにとって最も便利な物は何か、模索しています。皆さんのフィードバックやコメントは本当にありがたく受け止めています。是非お気軽にこのブログにコメントを残したり、ご自身のブログに書いたり、トラックバックをしたり、メールを送ったりしてください。 長らくお待ちくださっていた皆様、ありがとうございました。チームのみんなもありがとう。皆さんと一緒にテクノラティが日本のインターネットにとって役に立つ存在になれるよう、頑張っていきたいと思います。...

NECで僕の翻訳ブログが始まる »

僕のブログでは、クリエイティブ・コモンズ (Creative Commons: CC) ライセンスのバージョン "2.0" を採用しています。つまり、その帰属が僕となっている限り、誰でも僕のブログから許可なしにコピーまたは派生著作物を作ることができます。 NECがブログを開始するにあたり、僕のブログコンテンツの使用について相談を受けました。 ただ残念ながら、僕の書く内容はほとんどが英語です。掲載内容の翻訳を僕自身で試みたり、何名かのボランティアに頼んで翻訳してみてもらったこともありますが、翻訳作業というのはあまり楽しいものではなく、僕としては、翻訳に時間を費やすくらいなら、その時間を使って英語の記事をもう 1 本書きたいのです。 今回は、僕のブログに対する NEC の熱意と、クリエイティブコモンズ・ライセンスの概念のコンビネーションにより、NECブログへの掲載が実現されることになりました。NECは翻訳費用を負担する形で自由に僕のブログを翻訳して掲載する。一方、僕はお金は払われないけど、その代わりに僕の文章が日本語でも提供されることになる。 さらにNECは、半年たったコンテンツについては、非営利目的の利用を認める帰属ライセンス(Creative Commons by-nc-sa/2.0/jp)で再びクリエイティブコモンズに提供してくれるので、僕は自分のブログに再びコピーすることもできるのです。 翻訳は文化間の架け橋として不可欠ですが、大きな問題となるのは、時として翻訳は元の記事を書くより費用がかかる点です。今回のようにクリエイティブコモンズを利用して、翻訳費用を負担して成り立つビジネスモデルを構築するのは、非常に良いアイディアだと思う。NECさん、ありがとう! NECのJoi Ito's Web...

テクノラティ ジャパン »

テクノラティ/Technoratiとデジタルガレージが業務提携に関して発表を行いました。 提携内容はデジタルガレージの子会社として、テクノラティジャパンを設立し、日本でテクノラティのサービスを提供すると言う内容です。 私はデジタルガレージの共同創業者であり、共同CEOでした。その頃、私が運営していたインターネット会社と、現デジタルガレージCEOである林郁氏が運営していた広告会社の合併でデジタルガレージは生まれました。我々はInfoseekJapan設立など様々な仕事を共にし、非常に面白い仕事を多く手掛けてきまし た。しかし、Infoseek Japanがスピンアウトする際、私はデジタルガレージからは離れ、Infoseek Japanを経営する事になりました。 今回のプロジェクトは、デジタルガレージを離れてから初めてのジョイントプロジェクトになります。デジャブの様な気分です。 Infoseek Japanを立ち上げた当時、現在では一般的になっているWeb広告の概念は認知されておらず、アド・インプレッションや、クリックスルー・レートの概念とその有効性を認知してもらう事からはじめた経緯があります。 これからのテクノラティ・ジャパンに関しても同様の啓蒙活動が必要になるでしょう。 今回のポイントはカンバセーションです。企業や個人がどの様な発言をしているのか?が重要になってきており、既にバナーアドの世界ではなくなってきていると言う事です。 テクノラティ・ジャパンが日本のブロガーの皆さんに対して良いサービスを提供することが出来る事をうれしく思います。来年の早期からサービス提供出来る様、がんばります。当初はまず皆さんに「Real live Web」とBlog上のカンバセーションがどの様なものかを伝えていく時期だと思います。 Technoratiにとって、日本が国際戦略の第一歩になりますが、日本で信頼できるチームと一緒にこのプロジェクトをできる事が重要だと思います。 最後に新しいGenという人がテクノラティ・ジャパンのプロジェクトのためにデジタルガレージに入社しました。 Welcome to our family Gen!...

パッケージ版MT »

シックス・アパートはソフトバンクと一緒に、日本でMovable Typeのパッケージ版の販売を始めました。パッケージ版とは言っても、実際の形はフォルダー型なんですけど。とにかく、非常にうまくいっていて、現在ソフトバンクのオンライン・ストアであるECBuyersで、法人向け売れ筋ランキングの第1位に輝いています。自慢に聞こえるかもしれませんが、とてもすごい出来事で僕らはとても興奮しています。...

ブロガーの壁と多面性の崩壊、および魔法の数字150について »

最近どうも「ブロガーの壁」に突き当たったみたいだ。自分のブログを読んでくれる人が増えるにつれ、より大勢の人に向けて書いているんだということを自覚するようになってきた。何か投稿する度に、いろんな視点からの、思慮深いコメントやメールが寄せられるんだから。「素早く/頻繁な投稿」がブログの基本だという。それは確かに真実だと思うけど、自分が投稿したエントリーに関する議論の厳格さや、出会う人の中に占めるこのブログの読者の割合が増えていることを思うと、もっと面白くて「防御可能」なこと──自己弁護のために時間を費やさなくてもいいようなことを書くようにしないと、と構えてしまう。実際、何についてブログを書くかについては、ずいぶん保守的になってきていると思う。デーナ・ボイドは、多面的なアイデンティティの決壊についてよく話をしている(僕はしょっちゅうリンクを張ることで彼女の言論のコンテクストを決壊させてます)。以前ダナが「お母さんにブログを見つかっちゃった」という記事を引用していた。これはアーヴィング・ゴッフマンが『行為と演技—日常生活における自己呈示』の中で言っていた「人間は相手によって言動を変え、異なるアイデンティティの一面を提示する」ということにも関連すると思う。ウェブログで問題になるのは、読み手が多様なコミュニティに属するバラバラの人間であるがゆえに、書き手のアイデンティティの多面性は決壊し、結果として、公的なアイデンティティとしてはある意味「浅い」人格を選ばざるを得なくなるということだ。シカゴでDJをやっていた頃からの友だちで米国国務省で働いている連中も、僕の会社の社員も、家族も、テキサスの思慮深い保守勢力も、サイファーパンク方面の友だちも、外交官も、日本で仕事のお付き合いがある方たちも、親しい友人たちも、みんな時々は僕のブログを読んでくれている。リアルの人生では、これらの人々に対する付き合い方はそれぞれかなり異なる。いろんなアイデンティティの一面を見せているわけだ。だけどブログでは、全員の反応のことを想像して書かなきゃいけない。それぞれに直接対話しているときのような「深み」に到達することは不可能だ。だから、たとえば「お酒をやめた」というような個人的な話を露出することがあっても、ブログにおける僕のアイデンティティは浅くならざるを得ない。「深さ」の前提となるコンテクストがそこにはないからだ。僕の禁酒についてもらったコメントの中でも本当に思いやり深いものは僕(の酔態)をよく知っている人からのメールかIM(インスタント・メッセンジャー)経由のものだった。ブログって、自分の駄目さ加減を知るのに役立つようなものではないんだよね。ハリーは「ヴァーチャルな親密さ」について書いている。どういうことだろう? 僕は彼女の言う「親密さ」はロビン・ダンバーの「魔法の数字150」に繋がる話だと思う。さて、現時点で#joiitoのIRCチャネルにたむろしてる人間の数は87人。IMの友だちリストに入っているのは216人(同じ人が重複していることもある)。一方でLinkedInのサービスでは僕は490人の人と繋がっていて、携帯電話のメモリには510人分の登録があって、年賀状は約1000枚もいただく。ブログに関しては、1日に13,000のユニークアクセスがあり、ページビューは30,000。今日参加したとあるNPOの基金調達の会合で出会った政治運動家が言うには、選挙に当選するためにはだいたい50,000人と握手しなきゃいけないそうだ。ロス・メイフィールドは、人間のネットワークを政治的、社会的、創造的という3つのレイヤーに分類している。政治的なネットワークは1,000人単位、社会的だと150人規模、創造的となると12人程度になる。僕の感触では、政治的なネットワークは10,000人単位で、次に来るのがビジネスのレイヤーでこれは500人規模、で、創造的なネットワークが12人くらいだということには異論はない。もちろん科学的な意見ではなくて、個人的な考えだけどね。この仮説を前提にすると、このブログは政治的なレイヤーに近づきつつあることになる。そう考えると、仕事の連絡をLinkedInで済ませることが多くなった分、IRCやチャットで話をしている時間は気取らずにハッピーでいられることや、今でも何より夕食のおしゃべりが好きなのも肯ける気がする。もし、自分のブログの読み手の規模や人員構成を自分で決められるなら、それぞれのレイヤーに合わせて書き方を変えることもできるだろう。ミーナは、ブログの本質は一部の評論家タイプの人間が「メディアに対抗する」みたいなものじゃなくて、むしろ普通の人たちが友人たちと一緒に楽しむところにあるんだ、と言う。僕もそう思うし、政治的なレベルに持ち込んでしまうよりは、気持ちとか感情のレベルでブログをやっている方が、よっぽどやりがいがあるのかもしれない。ただ、気をつけなきゃいけないのは、ある日突然有名になっちゃったり、母親に見つかったりして、それまで築いてきたコンテクストがいきなり瓦解しちゃうこともあるということ。自分のブログのオーディエンス、およびアイデンティティの多面性を管理することはとても難しい。これを本気でやろうとすると、オンラインでも実生活でも、人生最大級の苦労を強いられる。──以上、なんか最近うまくブログできないよ、ということをブログしてみました。オリジナル:Joi Ito's Web: Blogger's block, collapsing facets and the number 150

バーロウのブログ »

ジョン・ペリー・バーロウがとうとうウェブログを始めた! オリジナル:Joi Ito's Web: Barlow blog...

レベッカ・ブラッドと10のTips »

ゆうべのクリエイティブ・コモンズの記念日パーティーでアニルがrebecca's pocketのレベッカ・ブラッドを紹介してくれた。僕がウェブログを始めるときにも彼女のよいウェブログのための10のTipsを読んだものだ。ここに書いてあることはずっと僕のブログの指針になっている。もし「ウェブログを始めようと思っているけど、どういう風に書けばいいのかわからない」という人がいたら、これを読むことから始めてみるといいと思うよ。 Tip #3まずは自分の意図する読者層を決めること。友だち、仕事のお仲間、あるいは見知らぬ他人、顧客、さらにはお婆ちゃんに向けて書くのとでは、それぞれに当然書き方も変わってくるはずだから。 誰に向けて書くのかわかっていれば、それに適した文体で書けるようになるでしょう。 これが、簡単なようでいて難しい。意図していなかった人を刺激しちゃったり、文脈を逸脱しちゃったりというようなことはよくあることで、みんな一度は頭を悩ませる問題だ。 こういう問題については、最近ダナとよく議論している。社会学者アーヴィング・ゴッフマンの言ってることとも関連するんだけど、アイデンティティって実はひとつじゃなくて、対する人によって変化するものだよね。多面体であるアイデンティティをどう自己管理していくのか──難しいところだと思う。 訳注:レベッカ・ブラッドの著作については邦訳が出ています(『ウェブログ・ハンドブック—ブログの作成と運用に関する実践的なアドバイス』)。 オリジナル:Joi Ito's Web: rebecca blood and her 10 tips...

J-WAVEの放送、無事終了 »

J-WAVEのインタビュー、超いい感じでした。たぶん30分の間に50回は「ブログ」って言ったんじゃないかな。スタジオにいたのが最近ブログにハマった人ばかりだったので、余計に楽しかった。 Blogをやったことのない人にもわかりやすいように一生懸命説明したつもりなんだけど、何度か話がコアな方に行ってしまいましたね。でもまあ、とにかく僕たちの興奮だけは伝わったと思うし、聞いた人にもBlogについてもっと知りたいと思ってもらえたと思います。 J-WAVEは日本で3番目に大きいラジオ局なのでリーチも広いし、ある程度のインパクトがあったんじゃないかな、と期待してます。番組中にもたくさんのリスナーからメールをいただきました。 進行役のSachiさんと野中さん、ありがとう! 番組のMP3をアップしておきました(32MB)。 オリジナル:Joi Ito's Web: Thanks Sachi and Nonaka-san for a fun time at J-Wave...

今晩J-WAVEに出ます »

今日の夜、J-WAVEでBlogの話をします。 ついさっき、今晩インタビューしてくれるパーソナリティーのサチコさんのサイトからリンクが張られたというTechnorati経由のIMを受け取りました。今日、僕に会うことについてBlogに書いてくれてる。すごい、インタビュアーもBlogやる人なんだ! クールすぎる。たのしそう。 ちなみに21:15からの放送予定です。でもこれを読んでくれてるくらいの人にはもの足りないかも。;-) オリジナル:Joi Ito's Web: J-Wave interview tonight...

Bloggerがブッシュ大統領をGoogle爆撃 »

Googleで「miserable failure(みじめな失敗)」で検索すると、ホワイトハウスのサイトにあるジョージ・W・ブッシュの略歴がトップにくる。これはBloggerが仕掛けたGoogle爆弾だ。 Newsdayの関連記事 説明ありがとう、Kev オリジナル:Joi Ito's Web: Bloggers google bomb George Bush...

ココログがサービス開始。ニフティCEOの古河さんがBlogを始めました。 »

TypePadの技術を利用したニフティのココログがスタートしました。代表取締役社長の古河さんも自分のBlogを始められたようです。 期待してます、古河さん! Blog on! オリジナル:Joi Ito's Web: Cocolog launches and Nifty CEO Mr. Furukawa starts a blog...

朝日新聞の原さんがブロッグを始めた »

Junjiro HaraBLOGを始めたわけ私は一新聞記者です。しかも定年まであとわずかの。伊藤穣一君に勧められてBLOGを開設したのはもうだいぶ前になりますが、使い方も分からず、放置していました。しかし、定年まで残すところ1年を切り、そろそろ準備体操を始めないと、間に合わなくなる、と考え、一大決心をして、BLOGを試みることにしました。決心といってもそんな大それたことではありません。定年になれば、新聞には書けなくなります。しかし、年をとったからといって、書きたいことが減るわけではありません。既存メディアは依然大きな影響力を持ち続けています。情報をある意味で押し売りしているからです。押し売りする材料はメディアが決めます。その枠にはまらない情報はくずかごに直行し、世間の目に触れることはありません。年をとるにつれ、書きたい記事は既存メディアの枠からはみ出すことがなぜか、多くなります。既存メディアのしがらみが疎ましくさえなります。BLOGなら老年記者のわがままを通してくれるのではないか、と考え、老骨と老眼にむち打ってBLOGを始めた理由(わけ)です。足腰は弱くなりましたが、原稿を書く早さだけはまだ健在です。junharaブロッグの世界へようこそ。一緒に日本を変えましょう!

プロのジャーナリストのあら探しはやめましょう。 »

ひとつ前の投稿で触れたJoseph Urbaszewskiさんのウェブログは、ウェブログがマスメディアに勝つこともあるんだってことの好例だといえる。でも、だからといって職業ジャーナリストを叩くのはやめといたほうがいいと思う。 編集者の助けがなくては書けない、終身雇用じゃないと不安、訴えられたときに護ってくれる存在が必要、新聞配達少年なしでは読者に読んでもらえない、情報の正当性を主張するために会社のブランドが必要──そんなジャーナリストがいたとしても、それはそれで、彼らの自由だ。あんまりあら探しするのは意地悪だと思うよ……。 オリジナル:Joi Ito's Web: Let's stop picking on journalists who don't blog...

カリフォルニアの山林火災のウェブログ »

カリフォルニア州南部で起きてる山火事、あの現場のすぐ近くに住んでいるJoseph Urbaszewskiさんという学校の先生が、火災の状況を 自分のウェブログで伝えている。彼のウェブログは今、一種の情報センターみたいになっていて、マスメディアの報道よりも情報が速いようだ。 消防無線のfeedも配布されていて、ヘトヘトになりながら英雄的な消火活動を続けている消防士たちの交信を聴くことができる。Kevin Barron聞こえてきた音声:「避難勧告をしたんだが、自宅を離れことを拒否している住民がいる」 基地(?)からの返信:「その人たちの名前と、生年月日、それからかかりつけの歯科医の電話番号を訊いておいてくれ!」 情報とリンクをありがとう、Kevin。どうか無事で。 オリジナル:Joi Ito's Web: Joseph Urbaszewski's blog coverage Lake Arrowhead fire 訳注:蛇足ですが「歯科医の電話番号」は、歯型の記録があるところ、という意味だと思われます。...

Ryuichi Sakamoto on codeblog »

maskinJuly 14, 2003 11:38 AMJoiさん、こんにちは。坂本龍一さんに、blogに参加してもらいました。すでに「codeblog」で、モブログされていますよ! :-)Reaction遅くなってすみません。This is cool!

Howard Dean will be a guest blogger for Lawrence Lessig »

アメリカの大統領選で注目を浴びてるHoward DeanはLawrence LessigのBlogでGuest Blogします。

Japanese in FOAF »

FOAFに日本語を入れる話がrdfweb-devのMLで出ました。Thanks for the link Danny Ayers

switched to Bloglet »

My email notifications list is a combination of people who had subscribed to my blog, my old mailing list and random friends. I stopped sending blog entries via email when I started increasing my output. Some people have told me that they would rather receive email notifications. I just set up a Bloglet account and now you can get this blog via email. If you are receiving this via email, this will be the last time you get email from me. If you would like to subscribe by email, please go to my site and subscribe. The box to enter...

IvanのWeblog宇宙冒険旅行 »

あるミーム(※1)Ivanがどのようにしてアリスに作り出され、Weblog宇宙を旅したかというお話。僕はmicrocontentがblog間を行き来する様子をお見せしようとこのお話を書いた。自分が普段blogする時に使うアプリケーションやサービスを全部紹介している。多分これは自分用の用語集を作るのに良いきっかけになったと思う。もし技術的な間違いや、このお話をもっとおもしろくする内容があれば教えて頂けるとありがたい。

RSS feed of entry comments »

コメントの RSS feed ができました。(ちょうどHowardとこのことを話していたら数分後にテンプレートを作ってくれました。thanks, Hirata!) 英語でも日本語でも可能です。...

Happy Trackback New Year's »

大晦日にかけて試みた「New Year's moblog」企画だったんですが残念なことに画像アップロードができる時間帯が12月31日0時から1月1日0時まで(日本時間!)になってしまってたので海外の方からのアップロードができなくなってしまっていました。大変失礼しました。是非次回はうまくやりたいと思っています。 今はサイトは元に戻っていますのでご覧になっていただけることができます。せっか く送っていただいた画像など、スライドショーなどで表示できたらいいんですけれ ど。。。興味ある方はご連絡ください。 (translated by ichi)...

blog misoka »

大晦日、オープンな moblog を一つ作り、だれでも大晦日の写真を投稿できるようにします。オープンだけど、常識、良識の範囲で送ってください。URL は http://www.bloggers.jp/ で、そこに載せるためのメールアドレスは、 misoka@bloggers.jp です。サイトとメールアドレスは、世界標準時で 2002年12月31日の 0:00- 23:59 だけ動かします。JPEG ファイルを添付して送ってください。メールのサブジェクトがタイトルになります。送ってきた写真は、高さを 120 にして表示するので、120x120 にして送ってくれると一番いいです。ほかの人にも伝えてください ;-)

moblogについてのリソースをまとめてみました »

mobloggingにかんするリソースをちょっと整理してみました。まだドラフトですのでぜひみなさんフィードバックをください。「moblog* =mobile + weblog」に関してのリソースをまとめてみました。ウェブ上に現在同時進行形で進んでいる動きですが僕が分かる範囲で「moblog」について、それからどうやったらmoblog」ができるかをオンライン上に整理してみました。決して完璧なものではまだないので、是非皆さんのフィードバックがもらえたら嬉しいです。いただいたフィードバックはその都度反映させていきますね。(translated by ichi)moblog resources

mail2entry for posting images from mail to MT »

メールからMTにPostするための簡単スクリプトをNeoteny Blogging Teamで書きました。GPL v.2 licenseで公開します。まだこれから開発をするつもりですので、feedbackをよろしくおねがいします。 ファイルは http://joi.ito.com/archives/src/mail2entry-2002-12-25.tgzにあります。 すみません、Pythonと英語です。 インストールについてWarning This is a first attempt -- there are some things missing, but someone w/appropriate UNIX experience should be able to succeed in installation and configuration. I may update the instructions as I get feedback. Prerequisites The ability to read English and follow simple instructions. A host connected to the Internet which can receive email [1] and: Python >= 2.2.2 MT enabled w/ the XML-RPC interface a blog (determine your blog id) a blog user, the associated password [2] Please note that this code was designed to run on the host which...

Blogger API v2 »

BloggerのAPI 2.0が発表されました。. それにたいしてScripting NewsのDave WinerがWeblog APIを使うようにお願いする。 Movable TypeのBen Trottもコメントする。 BloggerのEvanがこのリリースは評価用のリリースだと説明する。それと基本的にポジティブなコメントが多いと報告する。 Ben TrottはSteve Jensonから評価に対するレスがあったことを報告し、セキュリティーの話をする。(BenはPERLのPGP Module等を書いていて、セキュリティーには詳しい。) これが今のブロッグのコミュニティーのいいところ。バブル中だとすぐバナーの話とか他社に対する参入衝撃の話が多くて今のコミュニティーみたいにデータフォーマットとAPIのCompatibilityの話なんかなかなか実現できなかった。これから、ブロッグのフィーチャーが笛、競争がはげしくなっていくなか、今みたいにCooperationが続くことが重要な課題でしょう。...

かなさんのWeddingブロッグ »

昨日かなさんの結婚式でした。おめでとうかなさん、としひささん。ブロッガーだらけでした。結婚ブロッグもあります。...

Kung-Log, a OS X MT Client »

 サーバをMT2.5にアップグレードしたので自分のMacにKung-Logをインストールしました。Kung-LogはOS X用のMTクライアントです。日本語も大丈夫みたい。...

English comic strip about "what is a blog" »

最近話題になっている”ブロッグってなに?”についてアメリカの方でも話題になってます。色々日本でも議論されている事とほとんど同じ結論。”だだのウェッブページとブロッグの違いはよくわからん。ちょっと考えさせて” Blog - A conversation between Grumpy Girl and The Questioning Ant...

Hiptop Nation Halloween Treasure Hunt »

米国ではこのDANGER Hiptopデバイスを使ったブロッギングサイト、Hiptop Nationがかなり最近はやっていて、Halloween Scavenger Huntをこの間やりました。Howard RheingoldのSmartMobsでもブロッグされ、参加した人も論文を書いてます。 このゲームはチームを組んでモバイル端末を使って皆で色々な指定されたものをみつけてブロッグにアップするレースでした。やっぱり、これからはモバイル、写真、ゲームなどのインフラになっていくのも面白そうですね。 実はもうだいぶ前ですが、テレビのSURVIVORの番組をまねして、ブロッグでやった人たちもいます。かなり面白かった。 日本でも面白いモバイルブロッグゲームやりたいな。新しいCLIEとか、カメラ付きの携帯でもいいよね。...

A negative comment about JBA »

こういうとき、本当に日本語をもっと勉強するべきだと思う。。。 yomoyomoさん。。。ちょっと違うんだよ。ブロッグはオープンでこういう形でお互いのコメントを読んで、リンクして、CONVERSATIONがもてる分散型のウェブページです。本当に新しい文化が生まれると思います。もちろん日記サイト、BBSなどで同じようなことは出来ますし、していましたが、ブロッグとあえてここで新しい名前で呼んでるのや、僕は新しい書き方とコミュニティーの作り方だと思います。 それで、JBAは別にINSIDERな組織を作ろうとしてるではなく、これからもっとブロッグをどうやったら広げられるか考える会です。ちょっとダサいけど英語がうまい僕と、デザイの面白さいっぱいなENOさんとメディア美学なら任せての武邑先生と一緒に考えよう!と最近思っただけです。ここで、”特権意識、権威主義”なって言っていないで、一緒に話をしましょうよ。別に何かを否定してうわけではなくて、もっともっと今までウェブで発言していなかった人を引き出そうとしているだけです。JBAもオープンにしますし。それがブロッグの面白さではないですか。もちろんCRITICALなコメントもいいですし、自分の事を考えるのにはいいきっかけですが、僕らに対して”特権意識、権威主義”はないでしょう。 yomoyomoI can't blog そしてこの辺の人達の流れと連動して、伊藤穣一や飯野賢治あたりが Japan Blog Associations なる組織を作るという話があるようだ. 伊藤穣一については Paint A Vulgar Picture という文章でボロカスに書いたことがあってどうしても色眼鏡で見てしまうところがあるのだが、基本的には僕などより遥かに有益な仕事をしてきた人である(当たり前だが)。それはちゃんと分かっている。また飯野賢治については、彼のゲームでプレイしたことがあるのは「Dの食卓」だけで、それはものすごく楽しませてもらい、幸運なことにそれ以降の作品をまったくプレイしたことがないので彼に対して個人的な悪感情はまったくない。 しかし上の「blog草創期」という物言いやその周辺の顔ぶれを眺めると何か胡散臭さ、もう少し失礼な言葉を使うなら山っ気を感じてしまうのだ。彼らはこの十年間日本において独自の展開を遂げてきた個人サイト(ウェブ日記、個人ニュースサイト、テキストサイト)史を踏まえた上で「これからは blog だぜ」と言えるだけの、サイトの見た目の瀟洒さ以上の新規性、独自性、必然性を見せてくれているだろうか。自身の blog で実際にバリューを見せ付けてくれるのはこれからだとしても(今現在、何らかの形を出しているのは伊藤穣一だけ)。結局は Japan Blog Associations のお手並み拝見ということになるのだろうが、そっち系業界人の特権意識、権威主義がもろに出そうな気がするのはワタシという卑しい平民の偏見に過ぎないのでしょうね。...

Microsoft Blogs? »

もしかしたらもしかしたらMSのSharepointってブロッグのソフト?MSのLISTSってブロッグのこと?大変。Elizabeth Lane Lawleyso it'll be microsoft, not aol... Looks like the possible "aoling" of blogspace that I discussed earlier might come from Microsoft, not AOL. Anil Dash has an article about Microsoft's easy-to-install-and-use "Sharepoint" software, which is basically a blog tool. But, of course, they don't call it that (shades of the conversation on Joi Ito's blog about whether this will be called "blogging" when it goes mainstream). They call it "lists." (Cue "Jaws" music here...)...

Judge amends decision after reading correction on blog »

アメリカの裁判官が判例を下した後人のブロッグを読んで、自分の間違えに気がついて判例を修正した!すごい!ブロッグパワー!Boing BoingJudge amends decision after reading correction on blog A former law clerk noted an error in a Fifth Circuit decision on his blog. The judge who wrote the decision turns out to be a regular reader of said blog, and he immediately amended the decision and wrote to the blogger with the news. Judges read blogs. Judges correct Federal court rulings based on blogs. Wow. Link...

Referral Marketing »

ブロッグの一つのよさはスパムがなかったことだったのですが、"referral marketing"で始まりました。ブロッガーには自分にリンクしてる人が気になるので、皆よくロブを見て"referer"(どのリンクから人が飛んできてるか)を一生懸命見ます。それで、そのrefererのサイトを見ます。でも、"referral marketing"は、スパムサイトからいんちきトラッフィックを送ってブロッガーを自分のサイトに呼ぶ。しかも、MTなど新しいブロッグソフトは自分へリンクしてる人を勝手に"trackback"しますので、ブロッグの読者も引っかかる。フム。どうしよう。 Wired NewsWhen the Spam Hits the Blogs By Michelle Delio 02:00 AM Oct. 26, 2002 PDT Strange things are afoot in blogland. Owners of the conversational websites known as weblogs have recently noticed that their referral logs have become the newest target for spam. Referral logs, intended to collect information on who visited a website and how they happened to arrive there, are being stuffed with bogus links. Curious bloggers who click on a logged link to see who visited their site are instead led to pornography or advertising sites. Some bloggers publish a list that automatically...

Joi Ito@Eno's Blog Support Center »

Plantronics vista ENOさんが自分のブロッグを始めてから多い時は10分間に3回電話あります。CSSのサポート、ブロッグのマナー、等色々なサポートコールを受けます。あまりも多いので、最近はPlantronicsのVistaヘッドセットと、Kenesisのキーボードで快適サポート体制を設置しました。でも、24時間体制ですので、車には携帯電話用のヘッドセットもおいています。...

eno blog »

Enoさんがブロッグを始めました。やっぱりデザイがかっこいい。Enoはやっぱりこれからプロブロッガーになるべきだと思う。;-)...

Blogging with Cornelius »

ブロッグに付いて考える圭吾

Photo Album Blog »

今日はPhoto Album Blogの実験をしてます。ありがとう平田君とジャスティン。...

Neoteny Blogging Team »

今日正式にネオテニー ブロッギング チームを設立しました。これから、いろんな変なフェイチャーを開発してみたり、面白いブロッガーのサポートをしたいと思います。...

Takemura-sensei's Blog! »

先週武邑先生に会ってブログの話をしました。本当に武邑先生にはブログはPerfectだと思います。セットしたらあっという間にすごいブログにないました!いま電池が切れそうなので東京に戻ったらちゃんと辞書引いてよみます。Welcome to blogging! 武邑先生は僕に最初にアートの話と美学の話をしてくれたMy Masterです。Takemura Blogを本当に楽しみにしてます!また日本語を勉強する理由が出来ました。...

InfoteriaのPinaもブロッグを始めた »

エバンジェリズム成功! Pina's Blog Blogを始めた 昨日Joiと食事をしていてBlogの話題になった。記事では見かけていたが、Joiの熱い語りに自分で始めてみようと思い、早速立ち上げた。This is my first Blog....

2度目のパブッリシュ »

こんにちは! 東京の空は真っ白ですね。 昨日に引き続きまして、ゲスブロの飯野です。 ジョーイから「自己紹介はいいからブログらしく なんかサイトでも紹介しとくれ」というメールが 朝から20Mのmpegで届いたので 「それもそうじゃな」と思い、なにか紹介してみます。 といっても、カテゴリにある「Cool Web Sites」とかではないですが、さっぱり。...

Weblog - Looking Back To the Future »

2001年の後半に「blog」という言葉を聞くようになったと思ったら、アメリカでのウェブログの流行り方はここ数ヶ月なかなか尋常ではない。Weblog...略してblog。私の知ってる人たちもやたらblogに手を出している。なんでみんなこんなにハマってるのか? これは、以前日本で流行った日記サイト作りとどこが違うのか? はたまた2チャンネルとはどう違うのか? ウェブログをよく見ていくと、実は立ち上げてる人には二種類の傾向があることに気がつくはずだ。一つは、現役ジャーナリストたちで普段の仕事とは別に立ち上げているもの。もう一つは、プロのライターではないけれどいろいろなアイデアがあって、今までに自分のサイト構築もトライしてきた自己表現を求める人たちのもの。しかし両方に共通している点が一つある。「言いたいことがあったらその場ですぐ書く」ということだ。...
Whiplash by Joi Ito and Jeff Howe
Freesouls by Joi Ito

Category Archives

月別 Archives