Recently in ワイアレス&モバイル Category

モバイルインターネットの是非 »

モバイルでのインターネットについては、僕が話した人のほとんどは大いにこれを歓迎している。日本政府は2006年、携帯電話でインターネットをする人のほうがコンピュータでインターネットをする人よりも多いと、誇らしげに発表した。オンラインサービスはこぞって「モバイル戦略」を語り、ベンチャー・キャピタルは最新のモバイル系新興企業に群がっている。 モバイルや、モバイル用の新しい優れたアプリケーションやデバイス自体、何の問題があるとも思わない。けれどここで忘れてならないことは、実際に機能しているモバイルネットワークのほとんどは、規制されたもしくは非公開の技術を多く用いる少数の携帯電話会社が運営しているインフラがその基盤になっているという事実だ。 新興企業主導の革新に勢いがあるのは、インターネットが本質的にオープンな場だからだ。誰も許可なしで参加できて、皆が全ての階層において誰とも競争できる場所なのだ。(一部の半独占例を除けば)この公開かつ自由な競争というDNAがあるからこそ、Googleのような新興企業が現れて下克上をなし遂げたりできるんだ。もしインターネットがなければ、電話会社らは間違いなく、自分たちで「オンラインディレクトリ」を設計して運用することが最も効率的だと気づいていたはずだ。 市場内で規模を拡大し、独占的な位置づけにまで成長したとしてGoogleを批判することは可能だが、Googleの収益の相当部分は新興企業に、あるいはMozillaのような非営利組織にも資金として還元されている。Googleは多くの会社を買収したり、主にオープン型のプラットホームを作っている販売会社から備品を購入したりしている。 一方、携帯電話会社の収益の多くは、肥大化した部内の研究開発や、電話会社用の部品を生産する少数の販売会社に対する部品の購入費用として費やされている。 日本では2006年に、コンテンツ(着信音、着うた、ゲーム)系の22億ドル、商業の47億ドルに対し、モバイル広告の市場は僅か3億3千万ドルであった。 (http://www.johotsusintokei.soumu.go.jp/whitepaper/eng/WP2007/2007-index.html) 誰もがモバイル広告を試し、モバイルで広告は増えているものの、モバイルデバイスに費やされた資金の大部分は、少数の提供元からの、さほど革新的でもない少数の製品への支払いや回収に使われている。 僕は別に電話会社を非難しているわけではない。電話会社はほとんどの国で、入札によって大変な契約額で帯域を獲得し、その重荷を背負った状態で事業を運営している。また、ほとんどの国で厳しい規制を受けている。通常、政府によって認可された少数の企業であることが規制を受けやすく、それゆえにコストが拡大し、競争が減弱するという結果を招いている。 例えば、日本政府の中には「若者を有害コンテンツから守る」ためにコンテンツのフィルタリングを実施しようという動きがある。インターネットのほうでは、ネット上のコンテンツを規制するようなこの種のフィルタリングシステムと戦おうとしている。その一方でモバイルのインターネットについては、政府は素早く携帯電話会社に未成年者用のコンテンツフィルター適用を強要し、すでに日本ではこれが適用されている。モバイルのインターネットは、悪い奴らや目障りな新興企業、阻害要因に抗して、政府が規制や操作により「安全」にするのが遥かに容易なんだ。 人々は『モバイルがオープンになりつつある』一例として、ハッキングされたiPhoneの例を挙げたがる。僕はそれ自体は賞賛するし、自作のアプリケーションをiPhoneで走らせることができるようになったことは素晴らしいと思う。けれども携帯電話会社の選択においてはどうだろう。 『おめでとう、AT&Tの代わりにVodaphoneかSprintを選べるようになったぞ。』 これではまだ、『携帯電話会社の部分ではクローズド』という根本的問題が解決されているとはいえない。 短期的には、e-mobileのような仮想移動体サービス事業者が価格低下に貢献するだろうけど、それらにしても競争にオープンとはいえない基盤の上に作られたものであるため、価格の低下には限界がある。長期的に必要なのはオープンな帯域構造と、3G以外の選択肢だ。 日本ではMixiなどのサービスが、ウェブ経由の使用が減少傾向にある一方でモバイル経由での使用が増加傾向にありウェブよりもモバイルからサービスを利用するユーザーが増えつつある、と発表している。僕が思うには、モバイルは(企業側にとって)ウェブほどには儲けがないんじゃないだろうか。モバイルへの移行を急ぎすぎてしまうと、インターネットで慣れ親しんでいるDNAとは異なる基盤を土俵にすることになってしまう。さらに重要なこととして、その場合、儲かったお金は、それを新興企業にではなく巨大な販売会社系の食物連鎖の中に環流させてしまう人々の懐に入ってしまうことになる。 ひとつの考えだけど、モバイル分野で先見の明があるVodaphoneやNokiaのような会社が、モバイル上のオープンな革新に投資するための基金を設立したらいいかもしれない。モバイル生態系が健全である場合には少なくともその生態系に参加している大手企業にとっては、インターネットが電話会社の市場を全体として拡大させたように、長期的に見てより有利である、という主張は十分になしうるものだ。まさに石油大国が代替エネルギーに投資しているのを連想してしまう。 このような動き(民間企業による基金設立)が実現するならそれは素晴らしいことだし、喜んでお手伝いしたいところだ。 ;-)...

おてつだいネットワークス »

地図上に表示されているのは現在働ける登録者の位置 先週、「おてつだいネットワークス」を運営しているロケーションバリュー社の砂川大氏と会った。「おてつだいネットワークス」というのはかなりクールで、「日本にうってつけ」のサービスなんだ。 高齢者人口が増えていることと、若者の多くのがフルタイムの仕事に拘束されて時間に追われたくないと考える傾向にあることで、企業の人材確保がますます困難になってきている。仕事がないからじゃなくて、店舗で働く人材を確保できないという理由で本当に倒産する企業もあるほど、人材確保が難しくなっているらしい。 前もって計画せずにその場で何をするかを決める傾向がますます強まっている日本の若者の行動様式について,僕の妹が論文を書いたことがある。子供たちは、携帯電話で常に連絡を取り合いながら、お互いに会う約束をしたり何をするかを決めるんだ。そんな風に群れて行動する子供たちがいまや大人になり、彼らの多くは拘束されたくないと思っている。 こういった「子供たち」は成長しない。おてつだいネットワークスの最近の調査によれば、調査対象となったほとんどの人が、アルバイトの条件として給料よりも自由とか柔軟性を重視しているらしい。 おてつだいネットワークスの説明に移ろう。 おてつだいネットワークスでは、もし自分が働きたいと思っているならば、自分のスキルや希望する仕事を書いておてつだいネットワークスに会員登録し、それから、携帯電話のGPS位置情報を読み取ってもらった後に電話を切ればいい。 逆にもし誰か働いてくれる人を探す場合、例えば、レジを3時間受け持ってくれる人や、皿洗いを3時間やってくれる人などを探す場合は、おてつだいネットワークスに依頼を出すだけでいい。すると数分のうちに、働いてくれる候補者のリストが送られてくる。このリストには、それぞれどんなスキルを持っているのか、その人の仕事に対してどんな評価が下されているのか、また、自分のいる場所からその人のいる場所までの正確な距離がリストアップされている。たいてい、依頼を出してから数分で、5~6人もしくはそれ以上の候補者リストが送られてくる。 おてつだいネットワークスの仕事では、依頼者に対する評価もできるので、例えば、君が友達と一緒にいるときに、角のコンビニから仕事の依頼があったとすると、君の友達がその依頼主個人をどう評価したかが分かるんだ。また、依頼主に要求を出すこともできて、例えば、時給1500円じゃなくて時給2000円なら仕事するよ、と言うこともできるんだ。 このシステムがどんどん使われるようになれば、労働力の需要と供給の間に存在する重大なギャップが埋められるようになると思う。またこれは、ロケーションベースで、ピアツーピアの評判をベースとした、現代のモバイルな行動様式に目を向けた製品で、高齢化社会にもぴったりの試みだと思う。 おてつだいネットワークスのウェブサイトはotetsu.jpだ。ほとんどの機能は電話でのみ利用可能となっている。...

Radarが共有機能を拡張 »

親しい友人の間で、主に携帯電話を使って撮った写真を共有することに特化した便利なサービス「Radar」に、新しい共有機能が追加された。少人数のグループでプライベートな記録を共有することを目的にしたこれまでのサービスに加えて、みんなに見られても構わない写真の共有もRadarでできるようになったんだ。それを簡単に行うためのウィジェットなども用意している。 僕はこのRadarに投資した。なぜかというと、小規模なグループ内で互いに写真を共有することと、このブログのように「公開」することは別ものと考えていて、しかも前者の市場はまだまだ需要が満たされていないと思っているからなんだ。とはいえ僕は、撮った写真をグループ内で見せ合うだけでなく,不特定多数で共有したいと思う瞬間はあると本当に思っている。だから今回の流れはRadarにとってはいいことだと思っている。 おそらく今回の機能拡張によって、僕はますますRadarを使いたくなると思う。というのは、僕は普通の人より・・・ゴホゴホ(咳)・・・少しだけ「オープン」な性格だから。詳しくはRadarのブログを見てほしい。...

Fiesta Fonera »

MartinがFiesta Foneraについてブログしてるよ。新しいアナウンスとしては新しいアンテナがついて、出力がアップして、Fon WiFiAdsの広告で収入のシェアができたり、他のネットワークでローミングができたりするんだ。 免責事項:僕はFONのアドバイザーだし、僕の会社のDGはFONに投資をしています。 2007/6/12 Joiの英語版ブログより 訳:Taiichi Fox...

Radar »

僕はJohn PoissonがやってるTiny Picturesっていう会社に投資をしてる。この会社はRadarっていうサイトを開発運営してるんだけど、このサイトはフォトシェアリングのサイトで、僕みたいに他人に全部公開するのが好きじゃない人向けのサイトなんだ。 Johnと彼のチームは僕の妹みたいな人たちと一緒に携帯電話を使う若い人たち(若くない人も)が属する”Full Time Intimate Community”(FTIC)についてリサーチをしてる。FTICっていうのは何かっていうと、自分に近い関係の友達たちの集まりで、自分の生活の内容をシェアするグループのことを言うんだ。(通常は8人から10人ぐらいの集まりだね。) 携帯を使う若い人達は自分のFTICの友達が、起きてるか、学校に行ってるか、ハッピーでいるか、病気になってないか、宿題はもう終わったかっていう事とかを、常に知りたいと思っている。彼らは携帯のテキストメッセージを使っていつも自分の状態を逐一相手に報告してるんだ。 そこでRadarは写真を通じて近い友達とつながることで、もっと相手のことを知ることができたり、写真がチャンネルになって表示されることで、コメントを残したりすることができるものなんだ。 近い友達に向けて写真を発信するだけだから、そのコンテンツは質全的に濃くてプライベートで親密的なものになるしね。 僕はRadarのサイトで"joi"っていう名前で登録してる。もしRadarの友達リストに入れてほしければメールしてほしい。ただ最初に謝っておくけど、TwitterとかLinkedInと同じように僕をあんまり知らない人にはフレンドリストに入れるわけにはいかないよ。 2007/3/14 Joiの英語版ブログより 訳:Taiichi Fox...

アメリカで無料FON WiFiルーター »

FONはGigaOMと共同でアメリカ国内で無料でWiFiルーターを配っているよ。 この無料ルーターはFONメンバーであるFoneroとして登録してもらうもの。 その代わりにFONのアクセスポイントが無料で使えるようになるものだよ。 免責事項:僕はFONのアドバイザリーボードにいて、FONの日本での展開を手伝っています。 2007/2/2 Joiの英語版ブログより 訳:Taiichi Fox...

「LH711便」のインターネット接続サービス、スカイプキャスト »

Wisdom: 「LH711便」のインターネット接続サービス、スカイプキャスト...

自治体ネットワークの可能性 »

Wisdom: 自治体ネットワークの可能性...

僕の「Nokia 6680」について »

Wisdom: 僕の「Nokia 6680」について...

Antenna for wardriving... »

802.11b Networking NewsSuction cup 7 dBi antenna: Mike from Signull Techologies sent me the URL of a spec sheet for their 7 dBi suction cup antenna pictured deployed on automobiles! Wardriving made easy.ほしい~...

Teledesicが終わった »

これWERBLOGで最初にみました。 私は一番最初にテレデジックの話を聞いたのはずいぶん前CSKの大川さんのアメリカでのがしゅくでプレゼンテーションを聞きました。そのあとアイディアにほれてIridium電話も買いました。世界のどこからでも衛星電話で電話と通信が出来るなんて。やっぱり全滅ですか。もともと"Internet in the Sky"プロジェクトは$9bbのプロジェクトでした。皆Bill Gatesが投資をしたとさわいでいたのですが、彼にとって、$5mmは自分のたった0.05%です。1000万持っている人が5000円を投資するのと同じです。 The Seattle TimesThe birth and demise of an idea: Teledesic's 'Internet in the sky' By Sharon Pian Chan Seattle Times technology reporter This is how a plan to take over the world ended with a whimper. Last week, Teledesic laid off all but 10 employees and suspended its satellite contract....
Whiplash by Joi Ito and Jeff Howe
Freesouls by Joi Ito

Category Archives

月別 Archives