Recently in 日本文化 Category

日本とそのGDPについて »

僕自身を含めた日本人は「日本のGDPは世界第2位」という文言を掲げることで、この国への興味をすっかり失ってしまっている世界に対して日本をアピールしたがる傾向にあるみたいだ。このことについて親しい友人であるマネックス証券 代表取締役社長CEOの松本大氏と話をした。ますます薄れつつある日本の存在意義について彼が慶応大学で行った講演の話を聞かせてくれた。以下のスライドは彼に見せてもらったもので、本人の許可を得てここに転載している。 上の1枚目のスライドは2004年度の世界各国のGDP、および2050年度の予測GDPを表したものだ。左端の米国は2004年には38.3%であり、2050年には減少してはいるものの20.3%と高い値を維持している。ところが日本は2004年の15.4%に対し2050年にはわずか4%にまで下がってしまっている。それでもイタリアの2倍ではあるが、我々が不動のものと考えがちな大国の印象とはかけ離れている。黄色で示されている国々の中では、1位が中国、2位がインドとなっている。この予測上、両国が大きな成長市場であることは明らかだ。 これを聞いて、そうは言うけれど2050年じゃだいぶ先の話だ、と反論する人がいるかもしれない。 2枚目の画像は1980年から2006年までの日本のGDPを表したものだ。かつて18%を誇った我が国のGDPは、2006年には9.1%という控えめな数値に下がっているのがわかる。さらに右側の注釈によれば、国民1人当たりのGDPはかつて世界第1位であったが、18位まで下がってしまっていることがわかる。 これでは正直、世界の目を日本に向けさせるのに我々が四苦八苦するのは不思議じゃない。老齢化する人口と、競争力不足の経済を抱えている以上、相応の身の振り方もあるには違いないが、事実に目を背けて日本の素晴らしさを声高に自慢しているだけじゃダメだろうと僕は思う。...

東京の地下鉄で見た生と死 »

一日の仕事の締めくくりは、とある研究グループの会合だった。専門家をゲストに迎え日本の司法制度について話し合った。日本の司法制度が実態としてどのように機能しているか、詳しく知れば知るほど、希望の兆しもいくつか見えるものの、日本で実際に変化が起きる可能性について僕は悲観的になってしまう。 1時間半かかる家路につき、通勤電車へ乗り換えるための電車に遅れまいと小走りで移動しながら、僕は日本で革新的な活動を行うことがいかに徒労かについて反すうしていた。駅に入ると、妙に大勢の人がホームにいるのに気がついた。 放送が事故のために電車が遅延していることを伝えた。日本では年間3万人を超える自殺者が出る(これは世界でも最も多い部類に入る)が、そのうちの800人ほどは「列車事故」によるものだ。酔っ払いのサラリーマン、疲れたOL、元気のない老人たちですし詰めになった列車にどうにか乗り込みながら、今度はどんな人物が電車の前に飛び込んだのだろうかと思いを巡らせた。 事故が起きた駅に近づくと、乗っていた電車は止まり、運転手が再度遅れを詫びた。待っている間にモーターの電源が切られ、誰も何も言わないまま、誰もがただ静かに立っている時間が続いた。疲れた様子で虚ろな目をしている人々を見まわしていると、また一人、日本社会で力尽きた誰かに対して、皆が無意識に黙祷を捧げているようであった。 自宅の最寄り駅に着くと、Mizuka が迎えに来ていた。沈んだ気持ちを彼女に話すと、そんなに落ち込まないようにと叱られた。家に着くと飼い犬の Pookie がキャンキャン吠えてそんな考えを吹き飛ばしてくれそうになったが、ともかくみんなにも考えてもらいたいと思いこれを書いた。...

新潟でエンジン01のミーティングが開かれた »

Categories:

新潟で行われた「Enjin01」のイベントから帰ってきた。今年のテーマは「笑い」だった。(Flickrにアップした写真 .) エンジン01は僕が設立に手を貸した日本の非営利団体で、芸術家、ビジネスマン、政治家、学者、ジャーナリスト、小説家などを含む非常に多種多様な経歴の人々による面白おかしい集まりだ。会員制で、総勢180人程度となっている。完全にボランティア制の組織なので、開催する講演や活動で誰かが謝礼を手にすることはなく、会員からの会費と企業からの寄付金によって運営されている。通常の講演の謝礼金の何割かを寄付してくれている会員もいる。僕は当初、会員の選抜および組織の設立に関与したけれど、現在ではほぼただの会員となっている。 エンジン01の活動の一つに中学校に教えに行くというのがある。どこの中学校でも、登録すれば、ウェブサイトを通じてエンジン01に講師の派遣を依頼できるようになっている。これについてはこの前ブログにも書いた。政府に政策の変更、とりわけ非営利団体への寄付に対する課税の改定を働きかけるグループもいる。 エンジン01の主な活動は日本のいろいろな地方で毎年一回会合を開くことで、会員のほとんどがこれに参加する。会合はいくつかの本会議、複数のワークショップおよびパネル・ディスカッション、そして地元コミュニティの面々と夕食を共にする「夜学」で構成される。大抵はこれに加え、会員がスペシャルゲストを囲む非公開のミーティングもある。 プログラム委員会が会員を様々なパネルや夜学に振り分ける。僕は今年、ITに関するパネルに割り当てられたけど、まあ妥当なところだよね。 僕は他にも、稲越功一氏 が主導するワークショップでパネリストを務めた。内容はヌードモデルについて学び、実際の撮影も行うというものだ。ヌードモデルを撮影した経験がなかったため、最初はかなり緊張した。稲越氏は初めに「モデルの美しさについて考え、風呂で自分の体を目にする時のことを思い浮かべるように」と説明してくれた。想像力によって人体の美しさを見るように言われた。ヌード写真のいくつかを見せてもらった後、自分で写真を撮影してみるように指示された。 観衆も参加するよう呼びかけられた。観衆はおそらくは50%が女性で、そのまた50%がおそらく40歳以上といった構成だった。僕を含むパネリストたちで入選作品をいくつか選んだ。入選作品の一枚は着物姿の女性が撮ったものだった。着物の女性がヌードモデルを撮影している場面を写真に収めておけばよかった。 ;-) このセッションの結果、手元に何枚かのヌード写真が残ったので、Flickr に「Moderate」(中程度)および「Hide this photo from public searches」(一般検索から隠す)のフラグ下で投稿した。それでも、驚いた、と何人かから言われたし、僕の撮った写真の一枚のところにヌードやヌード写真への感度についてのスレッドがついた。僕は「ヌードと裸の違い」を論じる投稿をいくつか読んでみて、これがオンラインで昔から掘り下げて話し合われてきた議題であることに気づいた。コンテキストが凝縮されるインターネットが持つ特性ゆえに、こういった文化的な差異は実にリアルなかたちで俎上に載る。ヌードに関しては、同じ社会集団の中でもそれへの感度は人により様々なんだろうと思う。ひとつ興味深いのは、ヌードを目にしたくないユーザーがどうして「セーフモード」を無効にするのかということなんだけどね。 会員専用非公開ミーティングの今年のスペシャルゲストは、39年間北朝鮮で暮らした元米兵のチャールズ・ロバート・ジェンキンズ氏だった。北朝鮮で過ごした時間について非常に率直に、そして具体的に聞かせてくれた。彼が話した事実や主張には、興味深いもの、ショッキングなものがいくつかあったが、北朝鮮での日々の暮らしに関する話が最も印象に残った。彼は現在、日本の新潟に住んでいる。 夜学パートは例年当たり外れがあるんだけど、今年はとても楽しかった。夜学の概要は、地元の料理屋などを十数か所選んでそれぞれに会員を何人かずつ割り当て、Enjin01の主催で地元の人々皆を夕食に招待するというものだ。我々は地元の文化について色々と学び、地元の人々には充実した時間を提供できるというわけだ。今年は、東京で富士通やインテルなどの企業で働いた後、結婚して新潟に帰ってきたという何人かの女性と同席した。最新情報についていく手段としてのネットについて話し合った。 僕にとってのこのイベントの大きな収穫の一つは、茂木健一郎氏の話を聞いて、会話をする機会を得たことだった。彼は僕が知っている中でも最も聡明な人物の一人であるだけでなく、とても愉快で奥行きのある人物であることがわかった。 来年のイベントは名古屋で開催する予定になっている。誰でも参加できるので、足を運んでみてほしい。 Technorati Tags: Enjin01...

Enjin01の活動で,山形の中学生に講義をした »

Categories:

長井南中学校の生徒たち 僕は数年前、日本で「Enjin01」という非営利団体を立ち上げる手伝いをした。この団体のリーダーは三枝成彰氏。時々無茶なこともするけれど、とても寛大で思いやりがあって、意欲的な人物だ。彼は著名人をたくさん集め、企業の役員や作家、建築家、女優、教育者、教授、芸術家、政界の有力者、音楽家といった様々な文化人グループに呼びかけた。Enjin01には、今や100人以上の会員がいる。 僕らは1年に1度、日本国内の一地方を訪問し、地域のコミュニティーと緊密に活動し、一般公開のセミナーや会議など、ボランティアの無料イベントを開催している。 また最近、このイベント以外に,Enjin01の会員が全国の中学校を訪れて講義するプログラムを始めた。講義を希望をする中学校の先生は,Enjin01のサイトあるフォームを使って申し込めるようになっている。僕が知る限りでは、今のところ依頼を断ったことは一度もなく,たくさんの講義を行ってきたはずだ。 先週、僕は初めてその講義を受け持った。僕を含めて4人で、山形県の小さな町にある長井南中学校に行って来た。中学校は新幹線の駅から20分の所にあったので結構便利だったけど、それでも家から片道3時間以上かかった。でも、大変だったのは移動のことじゃなくて別のことだった・・・。 僕は西町インターナショナルスクールというところの理事をやっていて、そこには中学校もある。けれど、今まで実際に中学校の教壇に立たたなければならなくなくなったことは一度もなかった。長井南中学校では、35人程度のクラスを対象にした授業を2つ予定していた。 その講義は、僕が今まで担当した中でおそらく一番大変な講義だったと思う。中学校という場所がどんなところかすっかり忘れていたし、山形の中学校と西町インターナショナルスクールがおそらく全然違うことにも気づいた。僕は、生徒たちと一生懸命コミュニケーションを取ろうとしたんだけど、彼らがシャイだったのに加えて僕が事情をよく理解していなかったので、それは大変なことだった。 けれども最終的には、山形での講義は僕にとって非常にいい経験になった。一部の生徒たちは見るからに興奮していたし、生徒と先生がみんな教室に集まって報告する「まとめ」の時間では、少なくともその場で報告した子に関しては話を聞いてくれていたことがわかった。 実社会での自分の地位や名声を全く知らいい、あるいは関心がない中学生を目の前に話をすることは、心の安らぎになるし新鮮な気持ちにさせてくれると心底思う。業界の会議で同じ人種にばかり話をしている人にお勧めだ ;-) ともあれ、僕達をもてなしてくれた山形の人達に心から感謝したい。また僕達の講義が、講義を聴いてくれた全員の役に立ったらいいと願ってる。 画像をいくつかFlickrにアップしておいた。...

おてつだいネットワークス »

地図上に表示されているのは現在働ける登録者の位置 先週、「おてつだいネットワークス」を運営しているロケーションバリュー社の砂川大氏と会った。「おてつだいネットワークス」というのはかなりクールで、「日本にうってつけ」のサービスなんだ。 高齢者人口が増えていることと、若者の多くのがフルタイムの仕事に拘束されて時間に追われたくないと考える傾向にあることで、企業の人材確保がますます困難になってきている。仕事がないからじゃなくて、店舗で働く人材を確保できないという理由で本当に倒産する企業もあるほど、人材確保が難しくなっているらしい。 前もって計画せずにその場で何をするかを決める傾向がますます強まっている日本の若者の行動様式について,僕の妹が論文を書いたことがある。子供たちは、携帯電話で常に連絡を取り合いながら、お互いに会う約束をしたり何をするかを決めるんだ。そんな風に群れて行動する子供たちがいまや大人になり、彼らの多くは拘束されたくないと思っている。 こういった「子供たち」は成長しない。おてつだいネットワークスの最近の調査によれば、調査対象となったほとんどの人が、アルバイトの条件として給料よりも自由とか柔軟性を重視しているらしい。 おてつだいネットワークスの説明に移ろう。 おてつだいネットワークスでは、もし自分が働きたいと思っているならば、自分のスキルや希望する仕事を書いておてつだいネットワークスに会員登録し、それから、携帯電話のGPS位置情報を読み取ってもらった後に電話を切ればいい。 逆にもし誰か働いてくれる人を探す場合、例えば、レジを3時間受け持ってくれる人や、皿洗いを3時間やってくれる人などを探す場合は、おてつだいネットワークスに依頼を出すだけでいい。すると数分のうちに、働いてくれる候補者のリストが送られてくる。このリストには、それぞれどんなスキルを持っているのか、その人の仕事に対してどんな評価が下されているのか、また、自分のいる場所からその人のいる場所までの正確な距離がリストアップされている。たいてい、依頼を出してから数分で、5~6人もしくはそれ以上の候補者リストが送られてくる。 おてつだいネットワークスの仕事では、依頼者に対する評価もできるので、例えば、君が友達と一緒にいるときに、角のコンビニから仕事の依頼があったとすると、君の友達がその依頼主個人をどう評価したかが分かるんだ。また、依頼主に要求を出すこともできて、例えば、時給1500円じゃなくて時給2000円なら仕事するよ、と言うこともできるんだ。 このシステムがどんどん使われるようになれば、労働力の需要と供給の間に存在する重大なギャップが埋められるようになると思う。またこれは、ロケーションベースで、ピアツーピアの評判をベースとした、現代のモバイルな行動様式に目を向けた製品で、高齢化社会にもぴったりの試みだと思う。 おてつだいネットワークスのウェブサイトはotetsu.jpだ。ほとんどの機能は電話でのみ利用可能となっている。...

朝の渋谷 »

渋谷センター街 僕は、高校時代を日本で過ごした。その当時は渋谷に住んでいて、調布にあるアメリカンスクールに通っていたんだ。 僕は渋谷で育った。その当時は80年代初め、渋谷は東京のホットスポットだった。Van JacketやDomon、Junといったブランドや、「渋谷カジュアル」、いわゆる「渋カジ」は、多くの人の注目を集めていた。渋谷にはバーやクラブ、レストランや洋服店がいっぱいあって、ただストリートをぶらぶらするだけの場所がたくさんあった。 10代の頃、僕は自販機で酒を買ったり、ネズミを追いかけたり、ゲームセンターやクラブに行ったりして、長いこと「ストリート」で過ごした。当時、未成年かどうかはまったくどうでもよくて、ディスコには中学生くらいの子供がたくさんいた。アメリカンスクールの9年生のとき、僕は初めてナイトクラブへ行った。その頃はサントリー・ホワイトのボトルを自販機で買えたんだ。 夏の間、僕はファッションビルに出入りしていた。たまにお店の手伝いをして、仕事が終わると、いつもファッションデザイナーや店員や美容師と一緒に店を出た。そのとき、まさに日本のバブルの最中で、何もかもが終わりのない宴会のように見え、消費ブランドや過剰消費にあふれている感じだった。 その後、最初の大学を中退した僕はまた渋谷に戻ってきて、渋谷センター街の外れでアフターアワーのクラブを経営していた。僕はそこで、ハイパーデリック・ビデオや僕の「仲間」に出会ったんだ。そのときに出会った多くの仲間とは今でも一緒に仕事をしている。また、当時タワーレコードを経営していたKeithともそこで出会った。Keithの店には僕のクラブのチラシをよく貼らせてもらった。たぶん、彼にとって僕は、威勢のいいガキんちょみたいなものだったんじゃないかな。 僕の家族が最初に渋谷に引っ越してきたとき、僕たちは母の雇い主が家賃を出してくれた高級な家に住んでいた。でもその後、ラブホテルを改造したみすぼらしい二間のアパートに引っ越さなくちゃならなくなった。僕がコーネリアスの小山田圭吾と一番多く過ごしたのはそのときだった。彼は母親と一緒に、僕と同じアパートに住んでいた。 朝の7時に渋谷を歩いていると、徹夜して馬鹿騒ぎしていた東京時代の10代の頃の記憶がよみがえる。何枚か写真を撮って、Flickrにアップロードしておいた。...

イズムハンティング »

ちょっと前にChuoism(中央イズム)について記事を書いたんだ。僕の住んでいる近くにできた千葉ニュータウン中央は何にも無い場所にできたコミュニティー。この街は日本の消費者文化の考えかたから、「中央イズム」ってスローガンを掲げてる。僕はいつもこれを聞くたびにおかしな言葉だなって思う。 今日、家に帰るときに千葉ニュータウンで電車を降りて、ISMをハント(見つける)に行くことにしたよ。カメラでISMを探すんだ。Flickrにイズムハンティングした写真を何枚か載せておいたよ。 僕はイズムハンターだ! 2007/4/11 Joiの英語版ブログより 訳:Taiichi Fox コメント:目の付け所がおもしろい。...
Whiplash by Joi Ito and Jeff Howe
Freesouls by Joi Ito

Category Archives

月別 Archives