僕自身を含めた日本人は「日本のGDPは世界第2位」という文言を掲げることで、この国への興味をすっかり失ってしまっている世界に対して日本をアピールしたがる傾向にあるみたいだ。このことについて親しい友人であるマネックス証券 代表取締役社長CEOの松本大氏と話をした。ますます薄れつつある日本の存在意義について彼が慶応大学で行った講演の話を聞かせてくれた。以下のスライドは彼に見せてもらったもので、本人の許可を得てここに転載している。

GDP.001.jpg
上の1枚目のスライドは2004年度の世界各国のGDP、および2050年度の予測GDPを表したものだ。左端の米国は2004年には38.3%であり、2050年には減少してはいるものの20.3%と高い値を維持している。ところが日本は2004年の15.4%に対し2050年にはわずか4%にまで下がってしまっている。それでもイタリアの2倍ではあるが、我々が不動のものと考えがちな大国の印象とはかけ離れている。黄色で示されている国々の中では、1位が中国、2位がインドとなっている。この予測上、両国が大きな成長市場であることは明らかだ。

これを聞いて、そうは言うけれど2050年じゃだいぶ先の話だ、と反論する人がいるかもしれない。

GDP.002.jpg

2枚目の画像は1980年から2006年までの日本のGDPを表したものだ。かつて18%を誇った我が国のGDPは、2006年には9.1%という控えめな数値に下がっているのがわかる。さらに右側の注釈によれば、国民1人当たりのGDPはかつて世界第1位であったが、18位まで下がってしまっていることがわかる。

これでは正直、世界の目を日本に向けさせるのに我々が四苦八苦するのは不思議じゃない。老齢化する人口と、競争力不足の経済を抱えている以上、相応の身の振り方もあるには違いないが、事実に目を背けて日本の素晴らしさを声高に自慢しているだけじゃダメだろうと僕は思う。

5 Comments

同感です。

今は江戸時代後期(忠臣蔵以降)にすごく似てると思う。
経済は衰退していく一方だったが、
今に残る素晴らしい文化の多くが生まれたときでもありました。

アメリカが20%ということはアメリカは日本の5倍の人口になるのでしょうか?今為替調整が入ってきてるので1ドル=90円くらいで日本は再び個人所得でアメリカを抜きます。人口比からかけ離れた日米の経済格差拡大はありえないと思うのですがいかがでしょうか。

一つだけ言えることは、ありえないということはありえないという事だけですね。アメリカはどんどん国内でも国外からも人口が増加している。日本はどうでしょうか?知ってます?アメリカの人口はもう三億人を超え、ますます増加しているんですよ。日本はどうでしょうか。ますます、人口は減少し、内からも外からも増える気配が無い。日本列島にはもう人がいなくなっちゃうんじゃないでしょうか?日本はいつになったら開国するんでしょうね?一人当たりGDPで先進国を維持できる?そんなわけ無いでしょう。ハゲタカとか言っている内は。

日本もいい加減GPW(国民総福祉)主義に変ってほしいもんですね。ヨーロッパはどこも一定はそうでしょ。数字の上で豊かになっても、社会がめったやたらに厳しくなって何もいいことなんかないのに。それだけじゃない。たしかに企業収益は回復基調かもしれないが、福祉切捨て格差がひろがり労働分配率は下がり続ける。共産圏や米国のような政治家や金持ち一人勝ち国になるつもりでしょうかねえ。

ちなみに日本より一人当たりのGDPで上位に位置する国のほとんどが、人口5000万人以下の比較的小さい国であることをご存知でしょうか。人口5000万人以上の国では相変わらずトップを保っています。国の構造はそれぞれ異なっており、一概に比較することは困難かと思います。

確かに日本の影響力が低くなっていくことは確実だと思われますが、それを一人当たりのGDPで根拠づけることはナンセンスかと思ったので書き込みさせていただきました。

Leave a comment

Whiplash by Joi Ito and Jeff Howe
Freesouls by Joi Ito

Recent Comments

Category Archives

月別 Archives