Recently in 日本の政治 Category

日本とそのGDPについて »

僕自身を含めた日本人は「日本のGDPは世界第2位」という文言を掲げることで、この国への興味をすっかり失ってしまっている世界に対して日本をアピールしたがる傾向にあるみたいだ。このことについて親しい友人であるマネックス証券 代表取締役社長CEOの松本大氏と話をした。ますます薄れつつある日本の存在意義について彼が慶応大学で行った講演の話を聞かせてくれた。以下のスライドは彼に見せてもらったもので、本人の許可を得てここに転載している。 上の1枚目のスライドは2004年度の世界各国のGDP、および2050年度の予測GDPを表したものだ。左端の米国は2004年には38.3%であり、2050年には減少してはいるものの20.3%と高い値を維持している。ところが日本は2004年の15.4%に対し2050年にはわずか4%にまで下がってしまっている。それでもイタリアの2倍ではあるが、我々が不動のものと考えがちな大国の印象とはかけ離れている。黄色で示されている国々の中では、1位が中国、2位がインドとなっている。この予測上、両国が大きな成長市場であることは明らかだ。 これを聞いて、そうは言うけれど2050年じゃだいぶ先の話だ、と反論する人がいるかもしれない。 2枚目の画像は1980年から2006年までの日本のGDPを表したものだ。かつて18%を誇った我が国のGDPは、2006年には9.1%という控えめな数値に下がっているのがわかる。さらに右側の注釈によれば、国民1人当たりのGDPはかつて世界第1位であったが、18位まで下がってしまっていることがわかる。 これでは正直、世界の目を日本に向けさせるのに我々が四苦八苦するのは不思議じゃない。老齢化する人口と、競争力不足の経済を抱えている以上、相応の身の振り方もあるには違いないが、事実に目を背けて日本の素晴らしさを声高に自慢しているだけじゃダメだろうと僕は思う。...

東京の地下鉄で見た生と死 »

一日の仕事の締めくくりは、とある研究グループの会合だった。専門家をゲストに迎え日本の司法制度について話し合った。日本の司法制度が実態としてどのように機能しているか、詳しく知れば知るほど、希望の兆しもいくつか見えるものの、日本で実際に変化が起きる可能性について僕は悲観的になってしまう。 1時間半かかる家路につき、通勤電車へ乗り換えるための電車に遅れまいと小走りで移動しながら、僕は日本で革新的な活動を行うことがいかに徒労かについて反すうしていた。駅に入ると、妙に大勢の人がホームにいるのに気がついた。 放送が事故のために電車が遅延していることを伝えた。日本では年間3万人を超える自殺者が出る(これは世界でも最も多い部類に入る)が、そのうちの800人ほどは「列車事故」によるものだ。酔っ払いのサラリーマン、疲れたOL、元気のない老人たちですし詰めになった列車にどうにか乗り込みながら、今度はどんな人物が電車の前に飛び込んだのだろうかと思いを巡らせた。 事故が起きた駅に近づくと、乗っていた電車は止まり、運転手が再度遅れを詫びた。待っている間にモーターの電源が切られ、誰も何も言わないまま、誰もがただ静かに立っている時間が続いた。疲れた様子で虚ろな目をしている人々を見まわしていると、また一人、日本社会で力尽きた誰かに対して、皆が無意識に黙祷を捧げているようであった。 自宅の最寄り駅に着くと、Mizuka が迎えに来ていた。沈んだ気持ちを彼女に話すと、そんなに落ち込まないようにと叱られた。家に着くと飼い犬の Pookie がキャンキャン吠えてそんな考えを吹き飛ばしてくれそうになったが、ともかくみんなにも考えてもらいたいと思いこれを書いた。...

「日本経済またもや停滞」 - New York Timesに寄稿した »

Categories:

数日前の話し。New York Timesが僕にコンタクトしてきて、安倍総理に関する寄稿をしないかと言ってきた。僕はちょっと考えたけど、賢明な友人が、その依頼を引き受けるように勧めてくれた。そこで僕は「In Japan, Stagnation Wins Again 」(日本経済またもや停滞)という原稿を書いた。その記事は、9月18日付けのNew York Timesに掲載された。 寄稿の機会を考えてくれたNew York TimesのToby、僕に記事を書く決心をさせてくれたJun、日本の社会背景をきちんと反映しているか確認してくれたToshi、そして、最終チェックをしてくれたGenとMimiに感謝。 それから、CC(Creative Commons)に関して朗報。New York Timesとの新しい契約では、記事の共同所有権が与えられることになり、記事が掲載されてから30日経った後には、CCのライセンスのもとで、僕とNew York Timesが記事を共同で所有できることになったんだ。 UPDATE: 僕が寄稿で取り上げた「そんなの関係ねえ」というコントが、英語の字幕つきでYouTubeに投稿されていた。画質はちょっと悪い。面白いことに、「そんなの関係ねえ」に対する字幕が「So Fuckin' What?」となっていた。核心は突いている訳だと思うけど、「そんなの関係ねえ」のどの部分が「fuckin'」を意味するのかは分からない ;-P UPDATE 2: 小さな子供が「そんなの関係ねえ」ってやっている動画へのリンク。こっちはスペイン(だと思う)の男性がやっているもの。それからこれは、スポーツのマスコットキャラクターがテレビでやっていたもの。...
Whiplash by Joi Ito and Jeff Howe
Freesouls by Joi Ito

Category Archives

月別 Archives