Recently in アート&音楽 Category

Firefox 3と色管理 »

Firefox はカラープロファイルに対応しているけれど、設定を手動で有効にしなければならない。 やり方を詳細に解説した素晴らしいブログ記事がいくつかあるので、詳しくはそちらを読んでもらうとして、この機能を使うことで色の正確さが大幅に向上するんだ。 カラープロファイルは、画像内の色がどのように見えるべきかをコンピュータに指示する地図のような役割を果たしてくれる。カメラ、モニター、プリンターにはいずれもカラープロファイルが設定されている。画像のカラープロファイルは、画像の色をプリンターやモニターのプロファイルにマッピングすることで、画像の色の正確なレンダリングを可能にする。 以前のFirefox(および、7以前のInternet Explorer)は画像のカラープロファイルを無視して、OSに対して、プロファイルが基本的なカラープロファイル(sRGB)であると伝えていた。大まかな話としては、大半の画像ファイルはsRGBなので問題ないはずだ。しかしこのことにより、しばしばインターネットに投稿した写真の見え方が画像エディタ内のそれと変わってしまう(色あせて、彩度が落ちてしまう)ため、iPhoto、Aperture、Lightroomなどで彩度やカラー・バランスを微調整する人にとっては、とても大きなフラストレーションを生む原因となっていたんだ。「sRBGとしてセーブ」を使うことでこれらの問題をある程度は回避できたものの、それでも問題が起こることが多かった。(僕がFlickrに投稿した写真の一枚に関する会話で、色関連のマニアの方々数名が解説してくれた。) 色の深遠なる機微に関する話題が興味深いのは確かだけれど、大半の人々にとっては「Firefox 3でカラープロファイル対応を「有効(on)」にすれば、多くの画像が元の色に格段に近い状態で表示され、色あせの度合いが弱まる」ということだ。やり方はこうだ。Firefox 3のアドレスバーに「about:config」と入力して、確認ページを進んでいく。「find: gfx.color_management.enabled」で設定項目を見つけたら、有効(true)と表示されるまでダブルクリックする。最後にFirefox 3を再起動すればいい。 Eye One Matchなど、モニターの色を調整するためのガジェットやソフトウェアのパッケージを使えばモニター(およびカメラやプリンター)の色調整ができる。万人が実際にその手間暇をかければ、皆同じ色を目にすることになるはずだ。問題は、未調整のモニターの多くで(たとえ同じシリーズのモニターであっても)色の映り方が違ってしまうことなんだ。これはつまり、未調整のモニターを使っている場合、写真の作者が色の「ずれた」画像を作ってしまい、それが別の未調整のモニターで表示された時にさらに「ずれて」しまうということを意味する。以前はブラウザ側でさらに「ずれ」が加わっていたわけだけど、カラープロファイル対応により正確な発色に一歩近づいたことになる。全部やろうと思う人はモニターの色調整が必要になるわけだ。 MozillaはどうしてSafariのようにデフォルトでカラープロファイルに対応するようにしていないのだろうか。(IE 7でもデフォルトでは無効になっている。)10~15%ほどパフォーマンスに悪影響が出るということはあるらしい。でも僕も手元で有効にして使っているけれど、体感できる違いはないように思える。いずれにせよ、最適化したうえで将来的にデフォルトで有効にする動きはあるそうだ。でも現時点では、保証を破棄してFirefoxをハッキングするしかないということだね。...

Last.fmが音楽を無料配信へ »

Categories:

Last.fmがこんな発表をした:As of today, you can play full-length tracks and entire albums for free on the Last.fm website. Something we've wanted for years--for people who visit Last.fm to be able to play any track for free--is now possible. With the support of the folks behind EMI, Sony BMG, Universal and Warner--and the artists they work with--plus thousands of independent artists and labels, we've made the biggest legal collection of music available to play online for free, the way we believe it should be.これはとてもクールだね。でも、僕は次のことにも興奮したんだ:Free full-length tracks are obviously great news for listeners, but also great for artists and labels, who get paid...

Ars Electronica 2007 »

Gerfried Stocker 気温が7℃で雨続きだったことを除けば、今年のArs Electronicaはとても楽しかった。今週は、5つの会議と10件のメディアインタビューがあって大変だったけど、SandraとElizabeth、それにFumiのおかげですべてうまくいき、どうにか切り抜けることができた。残念ながら、全部のインスタレーションを見て回る時間も、話をしたかったいろんなアーティストとそうする時間もなかったけれど、十分すぎるほど面白い話ができたので、今回はとても良かった。 今年は、MOGAというユニット(稲蔭教授の研究室、FumiがメインのJoi's lab、中野裕之氏のPeacedelicチームのコラボユニット)と一緒にArs Electronicaへ行った。 MOGAは、Linzに『Jump』というインスタレーションを立ち上げていた。 また、稲蔭研の勝本雄一朗氏が雨刀(あまがたな)を紹介していた。 Ars Electronicaのコンテクストでは、今まで一緒にやってきた学生達と会えて楽しかった。 ほとんどの会議の内容がオンラインのどこかで公開されることになるんだろうと思うけど、それがどこかなのかよく知らない。;-) 以前、あるビデオインタビューをArtivi.comで見たことがあるけどね。 Ars Electronicaの今年のテーマはプライバシーだ。 僕が最初に参加したセッションは、Austrian Associationとその審査員、それにArs Electronicaコミュニティーのメンバーによるセッションだった。 そこで僕は、まずジェネレーションギャップについてざっくりと話をし、それから、インターネットの新規ユーザ間で、その技術のもたらす影響や技術の使われ方がいかに違うか、また、新しいメディアを若い世代がどのように利用するかを年配の世代が理解することがいかに難しく、しかしまたいかに重要かについて話した。僕は、何人かの審査員との対談で、彼らがとても前向きであることに非常に感銘を受けた。僕はまた、将来の地球規模での民主化にはGlobal Voiceが重要であることも話した。僕は、政治家たちよりも連邦判事たちのほうが、民主主義やプライバシーの犠牲といったことについて、もっと長期的な視点で考えられるんじゃないかと思っている。 アメリカの10th Circuit Courtによる最近の判決が示すように、すぐれた判事がいることは素晴らしいことだ。 Summer Watson 次に参加したセッションは、将来のトレンドに関する、企業の役員達とのディスカッションだ。興味深いプレゼンがたくさん行われた良いセッションだった。僕が一番面白いと思ったのは、イギリスのソプラノオペラ歌手、Summer Watsonによるプレゼンだった。彼女は、北極点へのlast degree(北緯89度から90度まで)をスキーで滑り、環境問題への行動を呼びかける目的で、北極点でアリアを歌うと宣言した。 僕はこの後、彼女と一緒にコーヒーを飲み、Creative CommonsやオンラインIDについてたくさん話をした。そして、僕は Summer WatsonのWikipedia記事を書こうと思い立った。 僕はまた、WoW(World of Warcraft)のセッションも行った。これについては詳しく説明するまでもないよね。 Volker Grassmuck それから、Leonard Dobuschとセッションを行い、Free NetworkやFree Knowledgeの重要性について話をした。 重ねて言うけど、僕は、このブログを読んでいる皆さんが、僕のポジションがどういうものであったか想像できると確信している。LeonardはLinz市長の息子でもあるんだけど、彼は、公共アクセスのサポートに関して市政が果たすべき役割について面白い考えを持っている。彼は最近、ある本を共同編集で出版したんだけど、その本では、公共アクセスに関する様々な議論が行われているんだ。彼はVolker Grassmuckの論文を引用したのだけど、Volkerはその論文の中で、コンテンツを提供する公共スペースをWeb上に設けることが重要であると主張しているんだ。 最後に僕は、パネリストとして授賞式とFair Musicの発足会に参加した。 Fair Musicの背景となったアイデアは、音楽にもFair Trade markに相当する何かを作ろうというものだったんだ。Fair Trade markが、Fair Tradeの要求基準を満たしている製品を特定しようとするものであるのに対し、Fair Music markは、アーティストや消費者を公正に扱っている企業やプロジェクトに与えられたものなんだ。ここで言う「公正」とは、報酬を公正に配分してもらっているアーティストのことや、音楽ビジネスの「Northern dominance」への偏向に抵抗して多様性を促進するプロジェクトなど、いろいろなことを意味している。 Fair Musicに関して、僕は、新しいビジネスモデルの必要性や、Creative Commonsの果たす役割を中心に話をしてきた。 Ars Electronicaで僕が撮影した写真をFlickrにアップしておく。...

MusicBrainzとBBCが契約 »

BBCはMusicBrainzを音楽メタデータプロバイダーに決定した。そしてMusicBrainzのデータがBBCのサイトに採用されることが決定。bbc.co.uk/music このアナウンスに関する内容は私達のプレスリリースでご覧ください。 僕はMusicBrainzとMetabrainzのボードメンバーで、サポートをしていたよ。 この契約はかなり大きい成功で、この業界での主流になる上での大事なステップだね。 おめでとう! 2007/6/28 Joiの英語版ブログより 訳:Taiichi Fox...

絵を描く事を発見 »

先週、ベイエリアにいたんだけど、僕はHoward RheingoldとPearlと散歩にでかけた。(写真1 | 2) 僕たちは瞑想とかの話をしていたんだ。新しくHowardが僕に勧めてくれたのは絵を描くこと。リラックスしてマインドを広げるのに役に立つっていうんだ。僕はまったく絵が得意じゃないってHowardに言ったんだ。でもHowardはそんなの関係ないよ、誰でも簡単な絵は描けるし、きっと僕もエンジョイするって言ってくれた。 最初は懐疑的だったんだけど、HowardがDrawing on the Artist WithinっていうBetty Edwardsが書いた大きい本をくれた。僕はこの本を飛行機に持ち込んで、読んでみた。この本を読むことで僕は驚きを得ると予期していたんだけど、僕の思った以上に驚いたな。 Betty Edwardsがはじめに説明したのは絵を描くことは右脳にとって読み書きをするってことなんだって。右脳は特別なこととか関係とかを考える役割があって難しいこととかの問題を解くのに使われるらしい。彼女が説明するには絵を描くのが下手な人は左脳が右脳の働きをブロックしてしまって絵を描くことができないらしいんだ。 右脳は物事を並べて考えたり抽象的に考えることが好きで、目で見たものをシンボルに置き換えてしまうって。たとえばあるイメージで、小さな人をみたり、中くらいの人をみたり、大きな人を見ると、脳は人自体が大きい小さいと認識せずに遠くにいる人、真ん中にいる人、近くにいる人って認識するようになるんだ。これは左脳で考えることなんだ。でも絵を描いたり絵の違いを描いたりするときには左脳が介入してしまうのが問題になる。 だから人の形を描くとすると、よくやるのが丸い頭、丸い目、足っていうふうに体の部分として左脳が認識している部分を対象にして書いてしまう。でも本当は違って、人間の体の部分はみんなそれぞれ違って、形は様々なんだよね。だから僕みたいな人が絵を描くと左脳がここは目、ここは足っていう風にして、左脳で認識して絵を描いてしまうから最終的には子供みたいな絵ができあがっちゃうんだよね。 彼女が出した話のひとつに壁にかかっているアメリカ国旗っていう話がある。最初の週には彼女は生徒達に国旗を描くために平行四辺形の中に直線を描くように言って旗を描かせた。次の週に彼女は本物の国旗はある一定の角度で交わっているんだよと教えた。そして生徒はもっとリアルな旗を描くことをした。次の週にはアメリカ国旗の横線のバーはみんな違う幅で、星はひとつひとつ違う形をしているんだよと教えた。こうやって細かい違いまで描く事は左脳が星とかバーとかをパーツとしてシンボルとして描いてしまおうという考えに逆らっている事になる。もちろん実際には壁にかかっている国旗を2Dの世界に置き換えた時にはすべてのパーツが違った形をしているのがわかる。 彼女は左脳を騙すためのテクニックをいくつか紹介している。左脳の働きに流されない為には、とても早く描く、とてもゆっくり描く、逆さになったイメージを描くっていうようなテクニックがあるんだ。こうすることによって絵を描くことが左脳にじゃまされずに右脳の働きだけで描くことができて絵が上達するらしい。 右脳は問題を解決したり考えたりするのに重要で、考えることはいつも右脳と左脳を行き来している。右脳が車の運転をしてる間に、左脳では行き先を覚えたりしたりしてる。左脳が情報を集めている間に、右脳ではそのアイデアを育てあげて左脳に渡すことによって、新しいアイデアが生まれる。 Edwardsは絵を描くことは右脳と話すのに役に立って、もっと右脳と対話することによって問題が解決できると考えている。僕も瞑想するときに絵を描くことについて考えるんだけど、左脳を黙らせることが重要なんだっていうことがわかる。この本を飛行機で読んだけど、僕の持っているノートにスケッチをすることをはじめた。僕が40年間も気づくことのなかった能力にビックリしたよ。老犬にはもう新しい芸を教えられないって誰が言ったの? でも僕の書いた絵をみんなとシェアできるかどうかはまだわからないな。でも僕は絵を描くことを通じて新しい考え方を身につけることができると思う。絵を使うことによって絵を通じたコミュニケーションができたり、方角を知る感覚を伸ばすことができると思うんだ。 僕は今まで小学校の時から閉じられていたドアを開けることにとてもエキサイトしてるよ。この僕のあたらしい趣味は「新しいライフスタイル」を持つことにとても貢献してくれる。 もしあなたが「私は絵が得意じゃない」と思うことがあればこの本を読んでみるように薦めるし、考え直して欲しいと思ってるよ。それから他にこういう関係の本があったら僕に教えて欲しい。 2007/4/21 Joiの英語版ブログより 訳:Taiichi Fox コメント:そういわれると僕も右脳の力をまだ発見していないような気がするな。...

渋谷でコーネリアス »

Mizukaと僕は僕のはとこの圭吾と彼のバンド(彼はコーネリアスとして知られてるんだ。)が渋谷で演奏するのを見に行った。この東京のショーはちょうど家族がみんな集まるから、小さかったMiloがどれぐらい成長してるかとか、おばが元気にしてるかなってのが解るいい機会だよ。 ショーはいつも通り素晴らしかった。彼の演奏した「Wataridori」の曲は僕が大好きな曲で、WiredのCDではCreative Commonsのライセンスで提供したものだよ。 ショーでは光を絞った写真とか写真を使ったアニメーションを使ったクールなビデオがたくさん使われていたよ。 彼がたくさん使ったのは古いエルビスのハワイでの映像なんだけど、エルビスの顔の部分がイソギンチャクの映像になってるたんだよね。これにはかなりウケた。 この映像の後にはテルミンを使った「My Way」の演奏が始まった。 このショーでは観客も一緒に参加できるような仕掛けがあって、彼が観客と一緒にグループ写真を撮ったりしたよ。観客がビデオに登場したりとかの仕掛けもあった。 僕は二階席から見てたんだけど、90ミリレンズを使ってたからステージの画像はあんまり良く写らなかったんだ。写真はFlickerに載せておいた。 2007/4/7 Joiの英語版ブログより 訳:Taiichi Fox...

SwiMP3 »

僕は水泳するのにSwiMP3っていうMP3プレーヤーをゲットして、今までに3回ぐらい使ったよ。でも最近はDolphin mp3っていうやつを使ってる。 この2つはぜんぜん違う物なんだ。どっちのプレーヤーもMacにつなげられてmp3を再生するところまでは同じ(ituneはダメ!)なんだけど、Dolphinの方は耳につける部分のゴムが外れて落ちそうになるんだ。SwiMP3は骨伝導の技術を使ってるんだけど、これがなかなかいい。でも高音域はDolphinの方がいいな。SwiMP3は音漏れもあるんだよね。 それに日本のプールは混んでるせいか、ジュエリーをつけちゃいけなかったり水泳帽をかぶってなかったりしなきゃいけないルールがあるんだよね。だからそのうち注意されそうなんだけど、それでも隠してMP3プレーヤーをを使ってるんだ。 水泳をしながら音楽を聴くのはリラックスできるし楽しいよ。でも水泳のフォームを直そうとしている時には邪魔になる事もときにある。 誰か他の種類のプール用プレーヤー使ったことある? 2007/3/23 Joiの英語版ブログより 訳:Taiichi Fox コメント:僕がZiplocに入れた普通のmp3プレーヤーをプールで使ってることはJoiには言えない。。。...

テスラコイルを使った演奏 »

Leica M8 1/30 ISO640 - Elmarit 135mm 僕はテスラコイルを使った音楽のデモを見る機会があった。これはSXSWのDorkbotにてあったデモで、驚くべきデモだった。どんなテクノロジーを使って演奏しているのかは良くわからないんだけど、コンピュータを使ってテスラコイルの周波数をコントロールすることによって音楽を演奏するらしい。この写真はゴーストバスターズの演奏をしてる時に撮影したもの。 2007/3/11 Joiの英語版ブログより 訳:Taiichi Fox...

2005年度アルス・エレクトロニカ賞発表 »

Wisdom: 2005年度アルス・エレクトロニカ賞発表...

Live8 Concert »

「米テクノラティ創業者兼CEO, David Sifryから のポストです。」one.orgのメンバーがLive8コンサートの5会場――フィラデルフィア、パリ、ローマ、ベルリン、東京――について、バック ステージに出入りできるプレスパスをそれぞれ10ずつ用意してくれた。one.orgのメンバーとLive8は、ブロガーの存在はスコッ トランドでのG8の前に、メディアに新たな声と見方がもたらされ、アジェンダが つくられるのに役立つと考えている。(彼らのnew blogも見てみよう) これに加え、バージンアトランティック航空のリチャード・ブランソンはLive8のスタッフがニューヨーク- エジンバラ間を往復するのに航空機を寄付し、しかも最大5人のブロガーがそれ に同行できるようにしてくれた。G8サミットの初めから全行程をブログしてしま おうという発想だ。航空機は7月3日の午後7時にJFKを飛び立ち、ブロガー とそれ以外の人々を乗せて7月7日にニューヨークに戻る。エジンバラとその周 辺の宿泊場所も用意される。 さて、これはどういうことか。つまり、これはブロガーである皆がLive8のバックステージパスを入手 するチャンスを得て、もしかしたらエジンバラへの飛行機にただで乗れるかもし れない、ということだ。これがどんなにカッコいいことか考えてみよう――ポッド キャストを立ち上げてミュージシャンをインタビューしたり、フォトブログやビ デオブログにしてみたり、もしかしたら何百万人もの前でギターを弾くまねをし てみたりできるのだ! 真面目に語れば、今回の措置の目指すところは何百万人ものブロガーたちに Live8について書いてもらうこと にもある――実際、アフリカでは毎日3万人の子供が死んでいる――しかし誰もそれ をリポートしないのを、我々は黙って見過ごすわけにはいかない。したがって、 50人のブロガーにこうした機会を与える一つの目的は、ブログによって影響力 のあるメディアがアジェンダをつくるように導くことにあり、そしてこのことは 大きな可能性を示唆している――ブロガーたちが、すでに起こった出来事について 書くことによって起こす受動的な変化でなく、能動的に変化を生み出すというこ となのだ。これは、我々が世界のためになるニュースが生まれるのに役立ち、G8 の場で各国のリーダーが何百万もの声に耳を傾けることにつながるということ だ。 さて、申し込みの手順は次の通り。 1. one.orgに行き、ビデオを観 て宣言書にサインす る。Live8とは何かを理解する。 2. live8.Technorati.com に行き、いずれかのアイコンをあなたのブログにはる。やり方は簡単。on the badge pageのコードをあなたのブログのテンプレートに加えるだけだ。 3. Joe Trippi's blogとPowerlineに行ってLive8に関する ポストを読む。 4. 近くの会場を一つ選び、以下の情報とともに私とジョーとジョンにメールを送る。 a. 名前と年齢 b. あなたのブログ名とURL c. 行きたい会場(一つだけ) d. 住所(これがないとプレスキットが送れません) 5. 自分のブログでLive8についてブログに書く。その際、そのポストに Live8のタグをはる。この作業をし、さらにあなたのブログにアイコンをはって いないと、チャンスがありません。 6. 6月30日までひたすら待つ。この日までにメールで連絡があるはず だ。 7. 友達に言いふらす。今回の目的はG8サミットの前に10万ポストを引っ 張り出し、できるだけ多くのブロガーがLive8や貧しい国の債務免除、飢餓と貧 困による苦境、そして我々がそれに対して何ができるのかについて書いてもらう ことだ。 もしかしたらLive8側からより多くのバックステージパスが得られるかもしれ ない。私とジョー、そしてジョンは、トロントやイギリスのバックステージに入 れるパスも得られるように努力する。その間、皆には耳を傾け、読み、そしてブ ログに書いて欲しい――我々が力を合わせることで世論が変わり、貧困が過去のも のとなるように国の政策に影響を与えられるように。 Technorati Tags: live8...

ガチガチの著作権の息苦しさ »

Ableton Liveにハマってから、今の時代にデジタルな音楽をやることの難しさがだんだんわかってきた。DJをやっていたこともあるので、僕の頭の中には大量の楽曲が「どの曲のどのパートがほかのどの曲のどのパートに合うか」というような分類方法で収まっている。でも、クラブのターンテーブルでならやっていいことも、音楽をつくるとなるとダメなんだよね。アメリカのレコード会社は楽曲にサンプリングを使ったミュージシャン相手の裁判に何度も勝っているし。お金を出して買ったループやクリエイティブ・コモンズにある音素材を使ったり、あるいは自分で音を作るのはOKなんだけど、DJ時代によく使っていたメロディやらドラムトラックやリフを使うのはNG。昔好きだった曲のフレーズが喚起する、その時代の思い出とかイメージとかってあると思うんだけど。なんというか、自分で曲を作って表現するには、DJをやっていた数年間を記憶から消去しなきゃいけないみたいだ。 間のいいことに、クリエイティブ・コモンズのライセンス下にある音源はどんどん増えつつある。サンプラーやシーケンサーが登場した頃に普通にやっていたような、音楽をシェアしてサンプリングする音楽作りのカルチャーを、ゼロから築き直さなきゃいけないってことだ。アーティストのみなさん、お願いします。曲を発表するときには、クリエイティブ・コモンズのサンプリング・ライセンス を使うことを考えてみてください。未来のアーティストやDJのクリエイティビティから隔絶された孤島にならないためにも。 訳注:とても訳しきれませんが、コメントの方も相当面白いことになっているのでのぞいてみてください。 オリジナル:The stifling feeling of tough copyright...

飯野さんの反撃 »

飯野さんの反撃 podcasting.mp3 6.7MB...

アルス・エレクトロニカに新カテゴリー「デジタル・コミュニティー」 »

常に最新技術を用いた先鋭的な芸術表現の場であり続けてきたアルス・エレクトロニカが「デジタル・コミュニティー」というカテゴリーを新設した。僕も審査員として参加させてもらう予定。審査員団にはハワード・ラインゴールドやジェーン・メトカーフなど、会うのが楽しみな人が何人も名を連ねている。 「デジタル・コミュニティー」のカテゴリーにノミネート可能なプロジェクト、現象、活動分野は以下の通り: ソーシャル・ソフトウェア 電子民主主義、電子政府、e-ガバナンス 創発民主制 集合的なウェブログ、社会ネットワーキングシステム フィルタリングシステム、個人評価システム 社会的な自立支援グループ 学習およびナレッジコミュニティー コンピューター支援による集団活動 ゲーマーのコミュニティー デジタルなご近所付き合い、コミュニティー・ネットワーク 無料のネット環境整備の推進、無線LANプロジェクト デジタルな都市開発のプロジェクト 市民運動、市民会議、 通信センター 賞 賞金総額:40,000ユーロ ゴールデンNicas賞(2名) それぞれ10,000ユーロ 特別賞(4名) それぞれ5,000ユーロ 表彰(14名まで) 詳しい情報はアルス・エレクトロニカのウェブページに。このページをきっかけに応募してくれる人がいることを楽しみにしてます。 オリジナル:Joi Ito's Web: New Digital Communities category for Ars Electronica...

Takemura-sensei's Blog! »

先週武邑先生に会ってブログの話をしました。本当に武邑先生にはブログはPerfectだと思います。セットしたらあっという間にすごいブログにないました!いま電池が切れそうなので東京に戻ったらちゃんと辞書引いてよみます。Welcome to blogging! 武邑先生は僕に最初にアートの話と美学の話をしてくれたMy Masterです。Takemura Blogを本当に楽しみにしてます!また日本語を勉強する理由が出来ました。...