「米テクノラティ創業者兼CEO, David Sifryから のポストです。」
one.orgのメンバーがLive8コンサートの5会場――フィラデルフィアパリローマベルリン東京――について、バック ステージに出入りできるプレスパスをそれぞれ10ずつ用意してくれた。one.orgのメンバーとLive8は、ブロガーの存在はスコッ トランドでのG8の前に、メディアに新たな声と見方がもたらされ、アジェンダが つくられるのに役立つと考えている。(彼らのnew blogも見てみよう)

これに加え、バージンアトランティック航空のリチャード・ブランソンはLive8のスタッフがニューヨーク- エジンバラ間を往復するのに航空機を寄付し、しかも最大5人のブロガーがそれ に同行できるようにしてくれた。G8サミットの初めから全行程をブログしてしま おうという発想だ。航空機は7月3日の午後7時にJFKを飛び立ち、ブロガー とそれ以外の人々を乗せて7月7日にニューヨークに戻る。エジンバラとその周 辺の宿泊場所も用意される。

さて、これはどういうことか。つまり、これはブロガーである皆がLive8のバックステージパスを入手 するチャンスを得て、もしかしたらエジンバラへの飛行機にただで乗れるかもし れない、ということだ。これがどんなにカッコいいことか考えてみよう――ポッド キャストを立ち上げてミュージシャンをインタビューしたり、フォトブログやビ デオブログにしてみたり、もしかしたら何百万人もの前でギターを弾くまねをし てみたりできるのだ!

真面目に語れば、今回の措置の目指すところは何百万人ものブロガーたちに Live8について書いてもらうこと にもある――実際、アフリカでは毎日3万人の子供が死んでいる――しかし誰もそれ をリポートしないのを、我々は黙って見過ごすわけにはいかない。したがって、 50人のブロガーにこうした機会を与える一つの目的は、ブログによって影響力 のあるメディアがアジェンダをつくるように導くことにあり、そしてこのことは 大きな可能性を示唆している――ブロガーたちが、すでに起こった出来事について 書くことによって起こす受動的な変化でなく、能動的に変化を生み出すというこ となのだ。これは、我々が世界のためになるニュースが生まれるのに役立ち、G8 の場で各国のリーダーが何百万もの声に耳を傾けることにつながるということ だ。

さて、申し込みの手順は次の通り。

1. one.orgに行き、ビデオを観 て宣言書にサインす る。Live8とは何かを理解する。

2. live8.Technorati.com に行き、いずれかのアイコンをあなたのブログにはる。やり方は簡単。on the badge pageのコードをあなたのブログのテンプレートに加えるだけだ。

3. Joe Trippi's blogPowerlineに行ってLive8に関する ポストを読む。

4. 近くの会場を一つ選び、以下の情報とともにジョージョンにメールを送る。


a. 名前と年齢
b. あなたのブログ名とURL
c. 行きたい会場(一つだけ)
d. 住所(これがないとプレスキットが送れません)

5. 自分のブログでLive8についてブログに書く。その際、そのポストに Live8のタグをはる。この作業をし、さらにあなたのブログにアイコンをはって いないと、チャンスがありません。

6. 6月30日までひたすら待つ。この日までにメールで連絡があるはず だ。

7. 友達に言いふらす。今回の目的はG8サミットの前に10万ポストを引っ 張り出し、できるだけ多くのブロガーがLive8や貧しい国の債務免除、飢餓と貧 困による苦境、そして我々がそれに対して何ができるのかについて書いてもらう ことだ。

もしかしたらLive8側からより多くのバックステージパスが得られるかもしれ ない。私とジョー、そしてジョンは、トロントやイギリスのバックステージに入 れるパスも得られるように努力する。その間、皆には耳を傾け、読み、そしてブ ログに書いて欲しい――我々が力を合わせることで世論が変わり、貧困が過去のも のとなるように国の政策に影響を与えられるように。


Technorati Tags:

Leave a comment

2 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: Live8 Concert.

TrackBack URL for this entry: https://joi.ito.com/mt/mt-tb.cgi/3583

米テクノラティ創業者兼CEO, David Sifryからの嬉しいアナウンスです... Read More

9月11日の日本の衆院選挙のちょうど1週間後の9月18日、ドイツでも総選挙が実施されます。 過去記事で書きました が、依然として世論調査では野党有利の状況は変わっていないようです... Read More