Recently in 研究会&学会 Category

ブログの引用表記 »

2018年5月13日に、素朴な疑問を投稿してみた:I may sound a bit naive, but as I read more academic papers in fields that I work in, I realize that they tend to cite academic papers more than blog posts even if there are better blog posts than the cited papers. It makes sense, but just noticing more specifically first hand.— Joi Ito (@Joi) May 13, 2018ちょっと青臭いと思われるかもしれないけど、仕事に関する分野の学術論文をたくさん読むようになって気づいたのは、引用される文章はブログよりも論文が多い傾向にあること。内容的にはブログ投稿のほうが優れている場合でも、論文の方が引用されてしまう。わからなくもないことだけど、実際に目の当たりにすることが多くなって、そうだったのか、という思いだ。 240ものリプライが来てはっきり分かったのは、ブログは学術誌の世界では掲載の対象とされていないこと。その理由としてよく挙げられたのは2つあって、リンクの寿命が短いことと、専門家同士による査読がなされていないこと。僕のブログのURLは2002年にウェブサイトをこのバージョンで発表して以来、ずっと変わっていないことを言っておくけれど、前者は理由としては妥当だと思う。解決策としてはいくつかのアイデアがあって、何人かの人たちが指摘した通り、The Internet Archiveは多くのサイトのアーカイブ保存を行っていて、かなりしっかりした実績も残している。 ピア・レビュー(専門家同士の相互評価・査読)に関する議論もかなり行われて、Karim Lakhaniが、ピア・レビューに関して自ら行った研究へのリンクを投稿した。 Here is some sad news about it from my own work https://t.co/aYjhjUZkVm - but maybe it's optimal?— Karim R. Lakhani (@klakhani) May 13, 2018 @joi ピア・レビューに関する興味深い研究があるよ。詳しくはhttps://prt.pubpub.org/pub/draft とhttps://prt.pubpub.org/pub/appendix2 を参照。 @klakhani 私が行った研究から、これに関する悲しいお知らせもあるよ: https://pubsonline.informs.org/doi/abs/10.1287/mnsc.2015.2285 ... でも、本当はこの状態が最適なのかな? Karimはこの研究で「評価者は、自分の専門分野に近い研究提案や新規性が高い研究提案に低い評価を与える傾向があり、これは制度として定着してしまっている」と述べている。 ツイッターでは何人もの人たちがpre-prints(プレプリント)について言及した。これは、査読に時間がかかってしまうため、査読前の原稿を発表するという、最近行われるようになった動向を指す。多くの分野では、ピア・レビューを省き、プレプリントのみを扱っているのが現状だ。いくつかの分野では、臨時のグループや非公式なグループがプレプリントを査読しており、こういった非公式査読グループを参考にしている学術誌もある。 これは、僕たちがお互いのブログの内容を評価し合うやり方にとても似ている。引用し、議論を交わし、リンクを共有する。そして、優れたブログ投稿が一番頻繁にリンクされる。グーグルが創立された当初は、こうして沢山リンクされたブログが検索結果の1ページ目に掲載された。Tim...

Mozilla 24 »

開幕の挨拶をする村井純氏 日本時間の正午にいよいよ始まった, Mozillaが主催し世界規模で行われる24時間イベント Mozilla 24に注目して欲しい。...

窒息状態と深い思考 »

Wisdom : 窒息状態と深い思考...

Blueprint for Japan 2020 2回目 »

今朝二回目のWEF Blueprint for Japan 2020のメーティングを行いました。僕と松本大はジェノバでのプレゼンの報告をしました。 野村総合研究所のチーフエコノミストのRichard Kooがとても分かりやすい日本経済の分析をしてうれました。日本はバブルがはじけた時土地を中心に85%の資産価値を失った。これは1年のGDPの3倍です。アメリカのグレートディブレションはたった1年分でした。アメリカの最近のセービングスアンドローンのクライシスはたった20%の資産価値の低落でした。それに比べたらものすごい数字です。それと、0%金利なのに、70%-80%の日本企業は謝金を返済してます。これは、資産が飛んでしまった上借り入れがすごいからです。こんな状態は歴史には例はありません。でも、どんな国でも起こるる可能性があります。タイ、タイワン、中国、アメリカ。こんな状態で一応経済が回っている日本はすごい、とリチャードは語った。 それとこの会の今後の話もしました。特長が必要です。特に今回行っている民主主義とマーケットには多様性が必要だということを強くうったいたいと思います。それとブロッグもやりた。;-)...
Whiplash by Joi Ito and Jeff Howe
Freesouls by Joi Ito

Category Archives

月別 Archives