最近どうも「ブロガーの壁」に突き当たったみたいだ。自分のブログを読んでくれる人が増えるにつれ、より大勢の人に向けて書いているんだということを自覚するようになってきた。何か投稿する度に、いろんな視点からの、思慮深いコメントやメールが寄せられるんだから。
「素早く/頻繁な投稿」がブログの基本だという。それは確かに真実だと思うけど、自分が投稿したエントリーに関する議論の厳格さや、出会う人の中に占めるこのブログの読者の割合が増えていることを思うと、もっと面白くて「防御可能」なこと──自己弁護のために時間を費やさなくてもいいようなことを書くようにしないと、と構えてしまう。実際、何についてブログを書くかについては、ずいぶん保守的になってきていると思う。

デーナ・ボイドは、多面的なアイデンティティの決壊についてよく話をしている(僕はしょっちゅうリンクを張ることで彼女の言論のコンテクストを決壊させてます)。以前ダナが「お母さんにブログを見つかっちゃった」という記事を引用していた。これはアーヴィング・ゴッフマンが『行為と演技—日常生活における自己呈示』の中で言っていた「人間は相手によって言動を変え、異なるアイデンティティの一面を提示する」ということにも関連すると思う。
ウェブログで問題になるのは、読み手が多様なコミュニティに属するバラバラの人間であるがゆえに、書き手のアイデンティティの多面性は決壊し、結果として、公的なアイデンティティとしてはある意味「浅い」人格を選ばざるを得なくなるということだ。
シカゴでDJをやっていた頃からの友だちで米国国務省で働いている連中も、僕の会社の社員も、家族も、テキサスの思慮深い保守勢力も、サイファーパンク方面の友だちも、外交官も、日本で仕事のお付き合いがある方たちも、親しい友人たちも、みんな時々は僕のブログを読んでくれている。リアルの人生では、これらの人々に対する付き合い方はそれぞれかなり異なる。いろんなアイデンティティの一面を見せているわけだ。だけどブログでは、全員の反応のことを想像して書かなきゃいけない。それぞれに直接対話しているときのような「深み」に到達することは不可能だ。
だから、たとえば「お酒をやめた」というような個人的な話を露出することがあっても、ブログにおける僕のアイデンティティは浅くならざるを得ない。「深さ」の前提となるコンテクストがそこにはないからだ。僕の禁酒についてもらったコメントの中でも本当に思いやり深いものは僕(の酔態)をよく知っている人からのメールかIM(インスタント・メッセンジャー)経由のものだった。ブログって、自分の駄目さ加減を知るのに役立つようなものではないんだよね。

ハリーは「ヴァーチャルな親密さ」について書いている。どういうことだろう? 僕は彼女の言う「親密さ」はロビン・ダンバーの「魔法の数字150」に繋がる話だと思う。
さて、現時点で#joiitoのIRCチャネルにたむろしてる人間の数は87人。IMの友だちリストに入っているのは216人(同じ人が重複していることもある)。一方でLinkedInのサービスでは僕は490人の人と繋がっていて、携帯電話のメモリには510人分の登録があって、年賀状は約1000枚もいただく。ブログに関しては、1日に13,000のユニークアクセスがあり、ページビューは30,000。今日参加したとあるNPOの基金調達の会合で出会った政治運動家が言うには、選挙に当選するためにはだいたい50,000人と握手しなきゃいけないそうだ。

ロス・メイフィールドは、人間のネットワークを政治的、社会的、創造的という3つのレイヤーに分類している。政治的なネットワークは1,000人単位、社会的だと150人規模、創造的となると12人程度になる。僕の感触では、政治的なネットワークは10,000人単位で、次に来るのがビジネスのレイヤーでこれは500人規模、で、創造的なネットワークが12人くらいだということには異論はない。もちろん科学的な意見ではなくて、個人的な考えだけどね。
この仮説を前提にすると、このブログは政治的なレイヤーに近づきつつあることになる。そう考えると、仕事の連絡をLinkedInで済ませることが多くなった分、IRCやチャットで話をしている時間は気取らずにハッピーでいられることや、今でも何より夕食のおしゃべりが好きなのも肯ける気がする。もし、自分のブログの読み手の規模や人員構成を自分で決められるなら、それぞれのレイヤーに合わせて書き方を変えることもできるだろう。

ミーナは、ブログの本質は一部の評論家タイプの人間が「メディアに対抗する」みたいなものじゃなくて、むしろ普通の人たちが友人たちと一緒に楽しむところにあるんだ、と言う。僕もそう思うし、政治的なレベルに持ち込んでしまうよりは、気持ちとか感情のレベルでブログをやっている方が、よっぽどやりがいがあるのかもしれない。ただ、気をつけなきゃいけないのは、ある日突然有名になっちゃったり、母親に見つかったりして、それまで築いてきたコンテクストがいきなり瓦解しちゃうこともあるということ。
自分のブログのオーディエンス、およびアイデンティティの多面性を管理することはとても難しい。これを本気でやろうとすると、オンラインでも実生活でも、人生最大級の苦労を強いられる。

──以上、なんか最近うまくブログできないよ、ということをブログしてみました。

8 Comments

Joiさんが日本語でもBlogしているということを発見、単純に驚きました。英和比較してませんが、翻訳ソフト等にかけてるんですか?ただBlogするだけでも多大な時間と労力を必要とするでしょうに、多忙なJoiさんがそこまでしてるとは、ほんとに驚きました。
さて、Blogに関してはまったく素人の上、その存在をいつも疑問に思っている者のひとりとして、興味深くarticleよみました。丁度Jimも昨日Blogについて立ち止まって考えてみることにしたんでしょうか、お休みしてるみたいです。パートナーの私としては清々しいというか...いつも同じ部屋にいる私より、Blogやチャットを通じた目に見えない人達の意見や存在感の方が勝っているような気持ちになることがあるので、彼のBlog休憩は歓迎でした。Blogは他の媒体にない利便性やいろいろいいことあるんだろうけれど、個人的にはナマミの人とのコミュニケーションが大事でまたは、少数の本当にケアする人々を知ること一緒に考えることを好みます。それは、あくまで自分が他人に影響力を持たず(今後持つこともないと思いますが)*のんき*な存在であるのと、あとは自分がprivateな人間だからかな。あらゆる意味でBlogをする人は勇気ある人に思えてなりません。ま、ある時は匿名だったり、匿名だからこそ恥も外聞も捨てた内緒ごとをpubliclyに話せるし、話したいのかもしれないけれど。隣に座ってるごく普通のグレーのスーツで七三のおじさまが「そんなバカななこと!」を書いてるかと想像すると、ちょっとおかしいけれど、そんな人の奥様とか、その旦那の実態を知ってるのかな。パートナーであるJimのことを、彼のBlogを読まなければ把握できないようにはなりたくないと思う今日この頃。

きっといまが過渡期、だから、きっといまが面白い

それでは無理なのでは?

日本語と英語の両方のblogをされているのは、ただでも忙しいのに、大変にすばらしいことですね。

僕はBlogについてあまり詳しくないけど、自分の考えや感じや出来事を書くと世界が少し小さくなって皆の心が近づいて行く。面白いかどうか、それは別のことかな〜。とにかく、先週前に僕はBlogを全然読まなかったけど、君のBlogを読んですごい興味を持ってきた。(ところが、僕は、滋賀県に住んでる英語の先生です。小学校で働いています。楽しい。)ありがとう〜

伊藤さんのように影響力の大きい方がブログをするとこのような問題に行きつくのですね!
でも、ブログの先頭を突っ走る伊藤さんの存在はとてもまぶしいです。

僕も伊藤さんのあとを追いかけてガンバリマス。
寒くなってきますので風邪だけにはご注意ください。

東京インターネット時代から利用している xxx@xxx.an.egg.or.jp
メールアカウントや契約を廃止しようと追跡していて、ここにたどり着きました。
現在はソフトバンクに吸収された模様。
どこで手続きしたらよいものでしょうか。。
無料かどうかだけでもわかればよいのですが。

IDCソフトバンク様のほうで対応していただきました。
おじゃましました。

Leave a comment

37 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: ブロガーの壁と多面性の崩壊、および魔法の数字150について.

TrackBack URL for this entry: https://joi.ito.com/mt/mt-tb.cgi/2561

ブロッグはライブするツールなのかな? from 厨犬 8高 のご主人様を見守る日記 放置推奨
2003年12月30日 19:13

http://joi.ito.com/jp/ 下のブロッグでトラックバックさせて 頂いた伊藤 穰一社長のサイトだワン。 ブロッグの可能性とかしゃちほこばらずに まあ、もっと手を抜いて楽しみましょうよ。 Read More

ブログを楽しむ!! Read More

from Masamin's Blog
2004年1月 3日 23:34
ブロガーの壁 from あそびをせんとやうまれけむ
2004年1月 4日 18:37

2度目の引用になりますが、 #過度に多すぎると「ブロガーの壁」に突き当たりそうですが・・ Read More

Tigerさん経由、ぴっくあっぷさん経由で伊藤社長のblogにいきついた。 アイデンティティの多面性を持つワタシと公的で保守的なワタシという浅いアイデンティティの対立の問題。おもし Read More

「書きたいことを100%は書かない。そのことによって、伝えたいことをもっとよく伝えることができる」と私は肯定的にとらえている。 Read More

Blogのエントリーに綴られる言葉の一つ一つは、俺の感情から生まれてきている。たまに無機質なBlogを見かけるが、大抵面白くない。Blogには1パーセントでも感情の部分が必要だと考える。 Read More

weblogに限らず、ホームページ(パーソナルメディア)を書いていくにつれだんだんと書きにくくなるというのは体験済みだったのでなるほどなと思いました。 私の場合、通常のHPからWe... Read More

RSSSearch v.0.1 確かにリリース from ウェブマジシャンの秘密部屋
2004年1月 9日 02:48

RSS検索エンジン・キーワード検索ツールですが'RSSSearch'と呼びたいと思います。 IPマスカレードの設定を終え、確かにRSSSearch v.0.1をインターネットからご利用頂けるようにしました。 どう... Read More

伊藤穣一氏のblog記事 「ブロガーの壁と多面性の崩壊、および魔法の数字150について」 より。 が、書き手の自意識と「数」の問題との相関性について非常に示唆的な 特に、ロス・メイフ Read More

伊藤穣一氏のblog記事 「ブロガーの壁と多面性の崩壊、および魔法の数字150について」 より。 が、書き手の自意識と「数」の問題との相関性について非常に示唆的な 特に、ロス・メイフ Read More

伊藤穣一氏のblog記事 「ブロガーの壁と多面性の崩壊、および魔法の数字150について」が、書き手の自意識と「数」の問題との相関性について非常に示唆的な見方を。具体的数字を挙げな Read More

伊藤穣一氏のblog記事 「ブロガーの壁と多面性の崩壊、および魔法の数字150について」が、書き手の自意識と「数」の問題との相関性について非常に示唆的な見方を。具体的数字を挙げな Read More

伊藤穣一氏のblog記事 「ブロガーの壁と多面性の崩壊、および魔法の数字150について」が、書き手の自意識と「数」の問題との相関性について非常に示唆的な見方を。具体的数字を挙げな Read More

伊藤穣一氏のblog記事 「ブロガーの壁と多面性の崩壊、および魔法の数字150について」が、書き手の自意識と「数」の問題との相関性について非常に示唆的な見方を。具体的数字を挙げな Read More

伊藤穣一氏のblog記事 「ブロガーの壁と多面性の崩壊、および魔法の数字150について」が、書き手の自意識と「数」の問題との相関性について非常に示唆的な見方を。具体的数字を挙げな Read More

伊藤穣一氏のblog記事 「ブロガーの壁と多面性の崩壊、および魔法の数字150について」が、書き手の自意識と「数」の問題との相関性について非常に示唆的な見方を。具体的数字を挙げな Read More

2003年の12月に伊藤譲一さんの講演をうかがう機会に恵まれた。 その際に、伊藤さんが「今一番はまってて、これから楽しいと思うのはBlogなんです」とおっしゃっていたのが印象的で、そ Read More

数日前書いたエントリー 何故 古賀氏の前歴が1月の始めに暴かれ、そしてそのネタがもう収束したのか。 関連 陰謀史観は否定、裸の王様にはなりたくない。笛吹にもなりたくない。 が Read More

Blogをはじめて早速お祝いのコメントをいただきました。ありがとうございます。 Blogを始めるのは勢いで出来ますが、続けていくことはかなり大変なのではないかと今から思っています Read More

blogとソーシャルネットワーク from ノキヒコ ~ nokihiko 本気で水泳部!~
2004年2月14日 17:58

ひさびさにJOIさんのブログを見たら面白い事が書いてあったあった。 BLOGって、はじめるとまず自分に近い人が読者としてついてくれる。 最近、簡単にブログをはじめられるサービスが登... Read More

「小さなメモ帳」を記し始めてから、2か月半近く経ちました。当初、私の関心は日常生活のなかで出会う雑多な情報を思いつくままにクリップしておこう、というものでした。したがっ... Read More

今週はBlogにまつわるやり取りがあちこちでどどっとあった。  Blogでバーンアウトする人と、しない人の違い  Blogに見る言論の新しいスタイル  梅田望夫さんのblogでFPN紹介さる  ※各 Read More

オレが事前の予測通りblogを書かなくなって2ヶ月が経つ。 オレは最初のカキコで、blogはいつか「発信する」ことが重荷になって書かなくなるか、もしくは優良blogが商業化の道を歩んでメ Read More

自己の多面性 from slowdemellow. Text
2004年3月11日 01:10

実はネタ切れ -------------------------------------------------- JOI ITOさんより ブロガーの壁と多面性の崩壊、および魔法の数字150について ボクもね、 ホントに仲のいい友達に見せてる一面と、 ちょ... Read More

すっかり、自分がblogな人になっちゃったことです。 久しぶりに自分の書いたことを読み返していたら、稚拙ながらなかなか自分なりの文章を書いているじゃないですか。 昔はblogに関し Read More

ブログの本質と人格 from 9代目綿屋真兵衛
2004年4月10日 00:30

ブログの本質 最近どうも「ブロガーの壁」に突き当たったみたいだ。自分のブログを読んでくれる人が増えるにつれ、より大勢の人に向けて書いているんだということを自覚するように Read More

●社長日記・Blog(ブログ)をまとめてみました。 from テッド( 小笠原哲夫 )の“Blog(ブログ)”探究!
2004年4月11日 23:22

今、流行りの社長日記・Blog(ブログ)を集めて、一覧にまとめてみました。見にくい場合は、こちら ⇒社長日記・Blogへ Read More

Joi Ito's Web - JP: ブロガーの壁と多面性の崩壊、および魔法の数字150について... Read More

よく読んでいた梅田さんのBlogが終了した(残念)。 そもそもBlogを始めた思ったきっかけも、この「Blogは究極の知的生産の道具」。 Read More

webに関して 最近特に思うこと from 群馬で働くWebクリエイターsomyuの独り言
2005年9月16日 00:34

タイトルにもなっているように わたくし、somyuは、webクリエイター(自称) ですが、これだけブログが簡単で、検索エンジンにも強... Read More

Whiplash by Joi Ito and Jeff Howe
Freesouls by Joi Ito

Recent Comments

Category Archives

月別 Archives