ここ数年の間に、僕自身、ブログへの投稿が少しずつ滞るようになり、中断寸前にまでなった。そこで原因の分析を試みた。

興味のある事柄全てについて書き終えてしまったのか? ただ単にブログに飽きたのか? 自分のブログのサイトのツールとデザインに飽きたのか? はたまたWorld of Warcraftのほうで遊びすぎなのか? はっきりとはわからないが、おそらくこれらの要素の組み合わせだったのだろうと思う。

また、ソーシャルネットワークのソフトウェアツールやそのための会議、またそれらを話題にすることさえも、嫌気がさしてきていたようなところもあった。

去年のいつ頃だったか、Anilと話していて、彼がMovable Type version 4について心底胸躍らせていることを知った。彼はその新しい機能の一つ一つについて、またSix Apartのスタッフらがその件でどれほど盛り上がっているかについて説明してくれた。そもそも僕が知る限りAnilが何かに熱中すること自体久しぶりのことだし、何だか僕もつられてしまった。サイトのリニューアルについてはBorisとの間でかなり前からやろうという話は出ていたので、このMT4を機会にやることにした。

MT4は確かにまだいくつか詰めの甘い箇所があるけれど、大幅に改善されてきてはおり、僕は大いに満足している。(もっとも、詰めの甘い箇所への対処は僕の担当ではないのだけれどね。)

というわけで、新生ウェブサイトがこれだ。まだあれこれいじっている最中なので、新しい枠組みをひとまず公開したといったところだろうか。トップページは、ブログというよりも、感じとしてはダッシュボード的にしてある。最新の投稿だけはちゃんと表示されるようにしてあるんだけどね。ソーシャルネットワーク系の要素をちょっと逆に使う感じで、僕自身のサイトを目的地に、各ソーシャルネットワークを枝的な位置づけにできないか試している。

次に我々が取り組むのは、MT4と連動して使えるコミュニティパックだ。意図通り機能してくれれば、友人のプロフィールを僕のほうから作成できるようになり、その友人のソーシャルネットワークに僕のリンクを追加してもらうということができるはずだ。これにより、僕が以前使っていたfaceroll(顔写真の一覧)よりももう少しダイナミックになるはずだ。僕のサイトが新たなソーシャルネットワークになるとは今思っていないけれど、僕と繋がっている人々同士の繋がりを、僕のサイト上で好みの方式で表示できればと願っている。これが軌道に乗ったら、何をすべきか、またすべきじゃないかについて、皆さんからフィードバックをもらおうと思う。

Twitter が持つ俳句的な制約は本当に素敵なんだけど、僕としてはまたブログが書きたくなりはじめている。 ;-)

素晴らしいデザインをしてくれたBoris、バックエンドを手伝ってくれたKuriとJim、我々をMT4に誘導してくれたAnilとSix Apartチーム、素敵な新しいロゴを作ってくれたSusan Kareにそれぞれ感謝したい。やったね!

PS:ちなみに、画面右上にいるJonkichi君の小さなアイコンをクリックすると、秘密でナイショのRupture埋め込み画面が表示される。

Leave a comment

Whiplash by Joi Ito and Jeff Howe
Freesouls by Joi Ito

Recent Comments

Category Archives

月別 Archives