さっき共同通信の記者から連絡があって財務省のホームページで重要な金融のメトリックスが予定より早く乗ってしまたそうです。僕のコメントは、誰が責任を取るのか見たいですね。住基ネットもリークしたとき誰が責任をとるのでしょう?山一證券のとき大蔵省は責任ととらなかったし、日本ハムとか全然なんだかわからないし。アメリカがすべていいとは言わないけど、新聞でワールドコムの社長が手錠つけられてFBIに逮捕されている写真が新聞にのったときすごいと思いました。

最近住基ネットを反対するようになってから記者が色々セーフがITでチョンボすると僕にコメントをもとめて連絡をしてくるようにあってきた。本当に日本語が読めない僕にとってはありがたい話です。情報が早くなる。それで、このブロッグによって、皆さんにこのスクープを送ることができます!

1 Comment

Leave a comment