bookmobile_lg.gifBookmobileは本当にすごい。Archive.orgのBrewster Kahleを中心としたまたパブリックドメインのアピールです。特に最近アメリカの最高裁判所で著作権を延長しようとしている今にとっても重要です。Bookmobileはバスにコンピュータを積んでアメリカ中走るモバイルプロジェクト。2万以上のパブリックドメインの本の中から子供達が選んで、それをその場で印刷と製本をする。僕これ日本でやりたい。著作権を長くしてしまうと出版社がもう印刷しない本は死で行く。こういうプロジェクトでそういう資産は生きる。日本はマンガでやるといいのかな~

2 Comments

パブリックドメインとフリーの本の入力公開プロジェクトとしては、
青空文庫が有名ですね。
あとは、山形さんがやっているプロジェクト杉田玄白
ただ、このふたつではまだ内容が少ないですね。
青空文庫には、著作権の消滅した作家名一覧というとても便利なものがあるので、
まだ入力されていない文章をそろえるのにも参考になるようです。

崎山さん。情報ありがとう。色々皆さんやってるんですね。僕はBookmobileのLook and Feelが大好きです。本当に楽しそうでしょう。なんかこんなの日本でも出来ないかな?山形さんとかやらないかな?

Leave a comment