ダライ=ラマの来日支援団体のボードメンバーをやっていたりするおかげで、今日は夕食会でダライラマのスピーチを聴くことができた。これで彼のスピーチを聴くのは2回目だ。1度目の時は来日が困難だった分、すごく印象に残っている。今回の来日は、前回に比べればかなり支援者が増えたおかげでだいぶ楽になった。夕食会に参加していたゲストも、日本の政界、財界、学界、宗教界、それに芸能界と、多岐にわたる分野の面白い人がたくさんいた。スピーチは前回に劣らず、茶目っ気とインスピレーションに溢れるすばらしい内容だった。

今回の来日で、彼は伊勢神宮を訪問するつもりらしい。単なる訪問ではなく、正式に参拝する予定だということだ。スピーチの中で彼は、「人間の価値」や「宗教間の調和」そして「感情の通った宗教的な人間関係」について説いていた。神道の聖地を表敬訪問するというのも、彼の言う「宗教間の調和」を推進するためのものなのだろう。印象的だったのは、「Global Responsibility」──地球市民としての責任感をもつことの大切さを強調しながら「私たちはみな肉体的にも精神的にも同じ人間なんだということに気づかなければいけない」と彼が述べたくだりだ。その後すぐに「いやいや、たしかに肉体的にはちょっとばかり違うようですが」と続けながらも、人や民族、宗教観の「違い」にばかり注目しがちだけど、実はほんの少ししかない相違点さえ除けば同じ人間として共通している点が莫大にあるんだってこと、その事実を理解することがどんなに大切かということを繰り返し強調していた。

スピーチの最後に、質疑応答のコーナーがあった。日本人の若い男性が、自分がいかに世界を変えようと日々奮闘しているか、宗教と科学および東洋と西洋の調和に日本は重要な役割を果たすべきだというようなことを滔々と述べた後で、彼が参加している社会運動を推進するために、ダライ・ラマの日本における転生をテーマに映画を作ってもよいかという質問をした。
ダライ・ラマは静かに笑って、魂が不滅である限り、自分は世界の人類の救済に献身を続ける誓いを立てたのだと言った。もし何らかの理由でチベットの民にとってダライ・ラマが必要でなくなる日が来れば、転生して日本でふさわしい両親を見つけることもあるかもしれない、人類の救済のための仕事を続けるために日本に生まれ変わる可能性もあるとだけ答えた。

ダライ・ラマが会場を去る時間が来た。裏口に案内しようとしていたのに、意に反して群衆の中を通って帰っていったのには、セキュリティーチームもホテル側も閉口していたみたいだ。集まった人たちに握手を求められると、一人ひとりの手を心を込めて握り替えしていた。今までに政治家が握手に応えるのを見たことは何度もあるけど、あんなに心のこもった握手は見たことない(比べるなって? でも光景的にはよく似てたんだよ)。握手してもらった人はみんなその後一瞬ボーっと固まってた。

ひとつ面白かったんだけど、彼はずっとチベット語で話して、通訳者が日本語に訳していたのに、興奮してくるとなぜか英語になっちゃってた ;-)

同じテーブルに座っていた高野山の松長有慶大僧正と、こないだ高野山に行ったときの話ができてすごく楽しかった。松長大僧正によれば、ダライ・ラマは彼を訪ねて高野山に来たこともあるそうだ。

1 Comment

確実ではないかもしれませんが、エントリー中の”日本人の若い男性”、俳優の窪塚洋介氏であると、どこかの雑誌に書いてありました。

窪塚氏サイト
http://www.infini-inc.net/infiniFiles/mem_File/ky_main.html

Leave a comment

Whiplash by Joi Ito and Jeff Howe
Freesouls by Joi Ito

Recent Comments

Category Archives

月別 Archives