icedfishes1.jpgicedfishes2.jpg

綺麗でしょー、FuFu!
魚でしょー、FuFu!
氷漬けでーしょー、FuwaFuwaFuwaFuwa!

と、元気に連続パブリッシュのゲスブロ飯野でーす。
いや、下のと一緒にパブリッシュしてもよかったのですが
あまりにもEdgeなmedical applianceとこの絵を
一緒にすることが、どこかでひっかかったので
別個にしてみました。

というわけで、見た通り、美しい氷漬けの魚たちですが
ピーター・グリーナウェイの新作でも
Damien Hirstの新作でもありません。

BRUTUSだったら「ダミアン・ハーストさん 水族館はアートですか?」
なんて表紙に特色で書いてしまいそうなものですが(ちと違うか)
これって、宮城県は気仙沼の水族館なんですねー。

さて、水戸芸術館が、主催から共催に後援に協賛、協力と
17もの団体によって「カフェ・イン・水戸」などやっている間に
もうちょっと北の気仙沼では〜港町気仙沼から 魚の新しい鑑賞〜として
「氷の水族館ーiCE RIUMー」をやっています。


iCE RIUM主宰である岡本寛さんによりますと

「地元気仙沼のみなと祭りで「氷の水族館」というイベントを手がける私の耳に
ある日こんな声が聞こえてきました。

 「俺たちみたいに人に観られるのが生きがいの魚にとって、水族館は楽しいな」

人間にもいろいろな性格があるように、魚の中にも観られることに喜びを感じる
ヤツがいるようです。日本には現在、百幾つの水族館があるそうですが
施設としての「氷の水族館」は、ここ気仙沼だけです。」

とのことですが、なんともコメントできないくらい
アーティストというかキュレーターな発言に戸惑います。

asahi.comの記事
iCE RIUM(気仙沼)の場所はこちら



ついでに3つばかし、追記くん・・。


日本科学未来館のスーパーリアルプラネタリウムで
9/1から170万個の星空を可能としたメガスターが一般公開されるそうです。
有人火星飛行を体験できるそうで、ぜひ行きたいな、と思っています。
メガスターニュース



barcode.jpg
次は、最近、こんな感じでバーコードを生成できる、バーコードジェネレーターが
気に入っております。
WEBでできるのがいいです。
Barcodes, Inc. Barcode Generator



最後なんですが、googleで「巨人 村田」を検索すると
他の人の検索ワードが知れてしまうんですね。
あらら。
そういう趣味はありませんが、さっき見てしまった検索語は
なかなかウホッとくるものがありました。


ということで、ゲスブロ飯野の投稿でした。
でわー。

2 Comments

実は、僕12歳位のとき熱帯魚屋さんで働いていました。毎日90以上の水槽を管理してました。水族館で働きたいと思っていたこともあります。日本に中学校3年生の時に戻ってきたとき自分の魚も連れてきた。大変だった。僕は熱帯魚を愛してます。また水槽ほしくてアマゾンで最近本を沢山買ってしまった。どうしよう。また思い出してしまった。でも、最近ブログで忙しくて熱帯魚なんか買ったら大変かも。

この話関係ない?

はじめまして、飯野さん。
当方気仙沼出身、今は仙台で学生をやっているものです。
この氷の水族館、確か、僕が小学生のころに始まったと記憶しています。
その時は、このようにきれいなものではなく、みなとまつりの会場からちょっと歩いたところの通りに、特設の会場を設けて
その中で氷漬けの魚が展示されていました。
特設の会場といっても、何かテントのような、小屋でして、その中に魚がガーッと
並んでるだけで、僕は子供心にムゴイな、と思ってました。
まだ続いていたって事、初めて知って、
かなりビビリました。
> 「俺たちみたいに人に観られるのが生きがいの魚にとって、水族館は楽しいな」

ものすごい発言ですね。

今年はたくさん人入ったのかな?

Leave a comment