eb2.jpg
昔のErik Bloodaxe
chrisg_thumb.jpg
僕の事務所の金庫の前でポーズ。侍の人形は槇原さんのです。
夕べクリスゴーガンズと一杯飲みました。クリスは昔はErik Bloodaxeという名を使っていました、有名な"Legion of Doom"というハッカー集団のメンバーでした。この集団は最終的にはアメリカ政府がつぶしました。クリスはPhrackというハッカーマガジンの編集長でもありました。僕は"Hacking In Progress" in 1997で初めてクリスと会いました。僕はサイファーパンクのLucky Greenに呼ばれていきました。HIPはすごい会議でした。数千人のハッカーがアムスの近くの森の中でハッキング。水は足りなかったけどIPは沢山あった。テントの中で皆ハッキング。そこでクリスは大人気で、初めてハッカーのおっかけを見ました。

それ以来、クリスとはちょこちょこ連絡をとって、何回かコンピュータの侵入をお願いしました。(もちろん合法)最近結構日本での仕事が増えてきたようで、最近よく会う。彼は、とってもしっかりしたプロ意識と、ハッカーに必要な激しい好奇心のバランスがある。大体の日本人はしっかりしていてイマジネーションがないか、子供っぽくて才能がある。クリスみたいなやつは貴重です。ネオテニー形人間。

夕べは飲みながら、色々昔話をしました。もう最近二人ともすっかりオヤジ化してます。彼も結婚して家で映画を見て平和らしい。

3 Comments

同一人物の写真には見えないっ。(笑)

僕もやせよう!

山形さんの掲示板の方から来ましたが、
最近「ハッカーを追え」を訳していたので
プロジェクト杉田玄白っていう自由な文書を増やす翻訳プロジェクトの参加作品として)
Erik Bloodaxe の話題はかなり楽しめました。

Leave a comment