ブログ用のDOIが使用可能に»

MIT Pressとの共同作業でKnowledge Futures Groupを開発するにあたって、学術出版というものをちゃんと理解しようと勉強中。いろんなプロトコルやプラットフォームを調べる中で、特に興味深かったのがデジタル・オブジェクト識別子(Digital Object Identifier(DOI))だ。DOIを管理し、登録機関の連盟をまとめている組織がある。DOIには様々な用途があるが、主な目的はデータセットや出版物などのデジタル・オブジェクトに永続的な識別子を割り当て、メタレベルでURLを管理することだ。URLは、学術論文が起草されてから発表されるまでの間、あるいは映画がサプライチェーンを通る過程で変更する場合があるため、DOIが役に立つのだ。

Crossrefという登録機関は、学術出版物やそれらに含まれる引用データを専門に扱っていて、このサービスによりDOIは引用データを効率よく管理・把握する便利な方法として普及した。学者たちが所属機関情報や出版物を管理するために使うORCIDなど多くのサービスでは、DOIは出版物を取り込み、管理する手段として利用されている。

DOIには様々な用途があるものの、その取得と設定にはある程度手続きが必要であることと、学術関連のパブリッシャーのためのサービスであるCrossrefが成功したことにより、DOIには「権威」、「信頼」、そして「正式な出版」といったイメージが定着した。CrossrefのGeoffrey Bilderは「実際は違う」と警告しており、DOIを上記のように捉えるべきではない、と発言しているものの、僕は今のところは、この認識で問題無いと思っている。

学者が自分のプロフィールや引用データを管理するために利用できるいろいろなツールを使ってみた。僕の場合、査読された論文はこれまでひとつしか発表していないけれど(査読してくれたKarthik、Chelsea、Madars、ありがとう!)、管理してみて気づいたのは、ブログ投稿がインデックスされないこと。また、博士論文を書くために調べものをしていて気づいたのは、ブログが引用されることはあまりないこと。僕は職権を利用し、研究という名目でMIT PressのAmy Brand所長にあるお願いをしてみた。彼女は以前Crossrefに所属していた頃、DOIの採用に携わった人物で、そんな彼女に僕のブログ投稿にDOIをつけてもらえないか聞いてみたのだ。

思ったより手間のかかるプロセスだった。まず、登録プロバイダにて登録されたDOIプレフィックス(ドメインのようなもの)が必要なのだ。これは、AmyがCrossrefを経由してMIT Press名義で取得してくれた。BorisがDOIサフィックス形式を定義し、サブミッション・ジェネレータを用意し、僕のブログに必要なものをすべて組み入れてくれた。MIT PressのAlexaが僕のブログのDOIをCrossrefに登録する手続きを取ってくれた。次に問題となったのは、DOIの世界には「ブログ」というカテゴリーは存在しないこと。専門家に相談したら、一番近いのは「データセット」ということだったので、僕が今書いている文章は、以前まではブログと呼ばれるものだったけれど、DOIの観点から、そして学術界的には、データセットという名称となるのだ。いつかどこかで誰かが引用するかもしれないものとして、この投稿には意義があると思っているので、DOIをつけてもらったことは問題ないと判断している。Crossrefがブログ投稿の「creationType」を増設するか、あるいは、引用されるウェブ資料をより広く扱うスキーマに拡張してくれれば、と思う。

また、APAのブログ引用書式がURLだけでなく、ブログの名前も含まれるように更新されることを希望する。僕は滅多にルールを破ることはしないけれど、このブログAPA引用テンプレートでは、正式なガイドラインから逸脱してブログの名前を付け足した。この投稿のAPA引用は厳密に言うと「Ito, J. (2018, August 22). ブログ用のDOIが使用可能に. [Blog post]. https://doi.org/10.31859/20180829.1929」となるけれど、僕は「Ito, J. (2018, August 22). ブログ用のDOIが使用可能に [Blog post]. https://doi.org/10.31859/20180829.1929」とした。この変更した書式を使って提出した論文が減点されても責任は取れないので、ご承知願いたい。

ブログ投稿が引用されない傾向についてツイートした際、ブログは査読されないため、引用されれば問題が生じる可能性があるという反応があった。それはもっともな意見だし、考慮しなければいけない課題だけれど、引用されるものをすべて査読する必要は無い、と僕は思う。一方で、他者の文章を明確に引用し、ブログ投稿に貢献した人たちやその内容を明記し、査読が行われるべき場合は行うようにしたほうがいい、とは思っている。

「ブログ」という名称にこだわりがあるわけではないけれど、これはブログだと思っている。ブログが可能にしてくれたように、迅速に何かを発表し、学術文献の世界に繋げられるようにしておくことは価値があることだと思う。

最近では、学術プレプリント・サーバの人気が高まり、学会誌への寄稿をしなくなった学者が増えている。論文は学会誌に提出せず、アーカイブ・サーバに掲載し、学会でプレゼンテーションを行う、という流れだ。

僕の印象では、学術出版側による調整、ブロガー側の慣行の調整、そして両方のカルチャーの調整が行われれば、ブログはこの環境で相当な役割を果たせるはずだ。Geoffreyは「引用する価値のあるものには何でもDOIをつけるべきだ」と提言していて、僕も賛成だ。さらに言うと、ブログは引用する価値のあるデータの塊であるだけでなく、非公式の出版物のような存在であってもいいと僕は思う。

こういったことを考える時のパートナーであり、僕のブログのデザインや管理を15年も続けてくれているBoris Anthonyは、セマンティック・ウェブや知識の創造について深く考えており、このブログを整理するにあたってかけがえのない働きをしてくれた。また、僕のブログ投稿すべてにDOIをつけるのではなく、学術的な価値があるものに限定すべきだと説得してくれたのも彼だ。(^_^)

追伸 ワードプレス用のDOIプラグインがあるようだ。デベロッパーが登録したプレフィックスを使用したものらしい。

Credits

このサイトにDOIを実装するための技術面やデザイン関連の作業を行い、この投稿が取り上げたアイデアや編集を手伝ってくれたBoris Anthony氏

DOIを取得し、理解し、文章で紹介するにあたって指導してくれたAmy Brand氏

DOIのフォーマットを正しく行い、Crossrefに届ける際に手伝ってくれたAlexa Masi氏

訳:永田 医

Leave a comment